映画board

のちのヒット映画をクビになった/降板したスターたち 10選

ライアン・ゴズリング『ラブリー・ボーン』

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - NOVEMBER 04: Ryan Gosling poses in press room at the 22nd Annual Hollywood Film Awards on November 04, 2018 in Beverly Hills, California. (Photo by Rodin Eckenroth/Getty Images)

『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した、2009年の映画『ラブリー・ボーン』。当初の予定では、ライアン・ゴズリングが主人公の父親ジャック役に配役されていた。

キャスティングの変更について、最初はライアンが「若過ぎる」ためクビになったのだと噂されたが、実際には、彼が約27キロ増量したことを監督やプロデューサーたちが気に入らなかったからだそう。ライアンはHollywood Reporterのインタビューで、「キャラクターの見た目について、僕たちは異なるアイディアを持っていた。僕は彼が95キロぐらいあるべきだと思ってたんだ。」と、自分なりの解釈で増量したことを明かした。

また、製作準備段階でライアンとジャクソン監督は交流があまりなかったため、これが共通認識を深められなかった一因となったようだ。ライアンは撮影が始まる数日前に降板し、代わりにマーク・ウォルバーグが主演を務めることになった。

アン・ハサウェイ『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』

NEW YORK, NY - AUGUST 08: Anne Hathaway attends the Broadway Opening Night performance of "Sea Wall / A Life" at the Hudson Theatre on August 08, 2019 in New York City. (Photo by Walter McBride/WireImage,)

2007年のコメディ『無ケーカクの命中男/ノックトアップ 』では、元々アン・ハサウェイがヒロインのアリソン役に決まっていた。しかし、彼女は映画の最後にある生々しい出産シーンが好きになれず、役を降板した。アンはMarie Claire誌のインタビューで、次のように語っている。

アソコを見せなくてはいけなかったの ー 私のじゃなくて、他の誰かのだけど。私にはそれがストーリーに必要だとは思えなかったわ。

出典元:Marie Claire

たとえ実際に映るのは代役のヌードだとしても、リアルな出産シーンを演じることには抵抗を感じたようだ。結果的にアンは出演を見送り、アリソン役はキャサリン・ハイグルの手に渡った。

次のページ : あの大物俳優は、コメディ演技に苦戦して…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

Sam

アメリカ留学から帰国後エンタメ業界に入り、2017年からライター業を開始。 人に話し...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/9/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー マーベル ランキング スパイダーマン:スパイダーバース 戦場のピアニスト 邦画 きれい 最強のふたり

Pick Upピックアップ