映画board

コメディ作品を厳選!日本の女性を元気にするおすすめ映画10選

『セックス・アンド・ザ・シティ』

セックス・アンド・ザ・シティ

セックス・アンド・ザ・シティ

SCORE

集計中...

more

セックス・コラムニストのキャリーは理想の男性ミスター・ビッグと一緒に暮らすため瀟洒なアパートを購入し、次いで結婚も決意する。PR会社社長のサマンサは俳優を目指す恋人スミスを売り込むためにL.A.に引っ越し、再婚したシャーロットは中国から養女を迎え念願の母親に。弁護士のミランダは幼い息子と老いた義母を抱え、てんてこまいの日々を送っていたが、彼女たちはキャリーを祝福し結婚式の準備を進める。

出典元:https://eiga-board.com/movies/39105

ニューヨークを舞台に恋に仕事に奔走する4人の女性を描き大ヒットしたテレビドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』。本作は、その最終話から4年後…という設定の劇場版第1作目です。劇場版は、2010年に『セックス・アンド・ザ・シティ2』が公開され、さらにその続編の制作も噂されていましたが、共演者同士の不仲説などもあり企画が消滅状態に。しかし2019年3月、ドラマ原作のキャンディス・ディシュネルの新刊『Is There Still Sex in the City?(原題)』(8月6日刊行)を元にしたドラマシリーズが企画されていることを、米Deadlineが報じました。本作の見どころはゴージャスなファッション。映画版だけあって、煌びやかさがドラマ以上。主役の4人の衣装は合わせて320着を超え、エンドロールには名だたるハイブランドの名前が並びます。眼福!

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

SCORE

集計中...

more

アニー(クリステン・ウィグ)はミルウォーキーに住む30代独身。開業した手作りケーキの店が潰れた上に、恋人にも捨てられるなど不運続き。母親のコネを頼った宝石店の仕事で何とか暮らす彼女の唯一の慰めは、親友リリアン(マーヤ・ルドルフ)の存在だった。ところが、彼女が突然の婚約宣言。ブライズメイド(=花嫁介添人)のまとめ役を依頼されたアニーはショックと寂しさを堪えつつ、大役を引き受ける。他のブライズメイドは、リリアンの従姉妹で3人の息子を持つリタ(ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ)、新婚のベッカ(エリー・ケンパー)、花婿の太めの妹メーガン(メリッサ・マッカーシー)、それに花婿の上司の妻ヘレン(ローズ・バーン)の4人。中でも、美人で金持ちのヘレンは何をやっても完璧でソツがない。そして訪れたドレス選びの日にハプニングが発生。リリアンを交えて、アニーお薦めのリーズナブルなブラジル料理店で会食後、ヘレン馴染みの超高級ブライダル・ショップに出かけた一行は食中毒に襲われてしまう。無事だったのは、料理を食べなかったヘレン1人だけ。さらに、ヘレンの提案で“独身最後のパーティー”をラスベガスで行なうことになるが、アニーは金欠の上に飛行機嫌い。ファーストクラスの皆と別れてエコノミー席にしたものの、恐怖心から酒を飲んで大暴れしてしまう。これが原因で、全員が途中で降ろされる羽目に……。ついにまとめ役をクビになったアニーは自己嫌悪に陥り、宝石店も解雇。アパートも追い出されて、母の家に転がり込む。やがて、花嫁に贈り物をする“ブライダル・シャワー”がヘレンの豪邸で行われるが、アニーの心を込めた手作りの品よりも、ヘレンからのパリ旅行に目を輝かせるリリアンにたまりかねたアニーは、ついに彼女と大喧嘩。果たしてアニーは友情を取り戻し、人生をやり直すことができるのか?そして結婚式の行方は……?

出典元:https://eiga-board.com/movies/52847

事業に失敗し、彼氏にも振られ、傷を舐め合っていた独身の友人も結婚して…という主人公のアニー。アニーの母親はそんな彼女を「一度底を打ったら後は上がるだけ」と励ますのですが、そこからさらにあらゆる角度で追い詰められていくところは圧巻です。またアニーの親友リリアンのブライズメイドが個性派揃い!彼女たちの登場シーンに、この映画はやばいぞ!とぐっと引き込まれていきます。特にブライズメイドの1人、メリッサ・マッカーシー演じるメーガンのキャラクターが突き抜けていて、ブライダル・ショップでのドレス選びのシーンはトラウマレベル。強く印象に残ります。メリッサ・マッカーシーは本作で第84回アカデミー賞助演女優賞ノミネートされました。下ネタが多めなので苦手な方はご注意ください。

次のページ : ドタバタ出産コメディ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

m.okamoto

大好きだった映画・ドラマ鑑賞や読書から、仕事や子育てのため数年間疎遠に…子どもが...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/9 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ファッション かわいい 洋画 セクシー マーベル インターステラー ゴールデン・グローブ賞 戦場のピアニスト 羊たちの沈黙

Pick Upピックアップ