映画board

【描きたい!名画座】おったまげ〜!私をバブルに連れてってくれる「ホイチョイ三部作」

1985年〜91年の熱狂的好況期、いわゆる「バブル時代」。
ボディコン、イカ天、ディスコ、ねるとん…などなど、この時期に生まれた数々のトレンドは、景気の上昇傾向を反映し、底抜けのポジティブさで溢れていました。

日本中がイケイケドンドン!だったなんて、不況の時代しか知らない私にはなんだか想像がつかないのですが、だからこそ、もはや異文化としてのバブルの産物に憧れが尽きないんですよね。
中でも私が愛してやまないのが「ホイチョイ」の携わった作品です。

ホイチョイって何?

「ホイチョイ・プロダクションズ」は、バブル時代の価値観をベースに幅広いメディアで活躍するクリエイター集団です。
ポップカルチャーを古代史風に紹介するパロディ番組『カノッサの屈辱』、男性目線でデートに使えるレストランを紹介する『東京いい店やれる店』、1981年から時代の流行を記録的に描き続ける漫画『気まぐれコンセプト』などなど……現在に至るまでヒット作は数しれません。

特にホイチョイがバブル期に製作した映画は、若者たちに向けて新しいカルチャーを発信し、そのどれもが当時大ブームを巻き起こしました。まさに時代を牽引していたのですね。

観ればバブリーなイキフンを味わえちゃうかも?
今回はそんな「ホイチョイ三部作」をご紹介していきます。

次のページ : ゲレンデの恋人たちに贈る、とびきりキュートなラブ・ストーリー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

QUESTION No.6

イラストレーター。海外ドラマ『ドクター・フー』『SHERLOCK シャーロック』のアメコ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/10/15 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

アクション おすすめ映画まとめ IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。 洋画 ジョーカー(2019) ミステリー・サスペンス カッコーの巣の上で かわいい ライフ・イズ・ビューティフル アメコミ

Pick Upピックアップ