映画board

鬼才パスカル・ロジェ新作!サプライズとバイオレンスと感動に満ちたサイコホラー『ゴーストランドの惨劇』

ゴーストランドの惨劇

原題 :GHOSTLAND

2019年8月9日より全国にて公開

2018年/フランス=カナダ/91分

more

あらすじ

シングルマザーのポリーン(ミレーヌ・ファルメール)は人里離れた叔母の家を相続し、双子の娘とともに移り住む。姉のヴェラ(テイラー・ヒックソン)は奔放で現代的な少女だが、妹のベス(エミリア・ジョーンズ)はラヴクラフトを崇拝する内向的な少女だった。新居に到着した夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。しかし、娘たちを守ろうとするポリーンは、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする。それから16年後、ベス(クリスタル・リード)は家を離れ、小説家として成功していた。一方ヴェラ(アナスタシア・フィリップス)は精神を病み、今もあの家で母と暮らしていた。ベスが久しぶりに実家を訪れると、母は迎え入れるが、地下室に閉じこもっていたヴェラは衝撃的な言葉を呟く……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/92364

『ジェウォーダンの獣』で知られるクリストフ・ガンズ監督の助監督としてキャリアをスタートさせたパスカル・ロジェ。

処女作『MOTHER マザー』を撮った後に2007年に監督したのが、ホラー映画ファンから大絶賛を受けた究極の胸糞映画『マーターズ』だった。

その後、ジェシカ・ビール主演の初の英語作品『トールマン』を監督したのち、6年ぶりにとられた監督4作目がこの『ゴーストランドの惨劇』だ。

予告などの文句の通り、ありきたりなホラーではなく2回見たくなる仕掛けと予想外の感動に満ちた傑作だった。

マーターズ(2007)

原題 :MARTYRS

2009年8月29日より全国にて公開

2007年/フランス カナダ/100分

more

あらすじ
70年代初頭のフランス。行方不明だった少女リュシーは、傷だらけで衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。彼女は廃墟となった食肉処理工場で何者かによって長い間、監禁・拷問・虐待されており、そこから自力で脱出したのだった。だが、性的虐待の痕跡はなく、犯行の目的は不明のままであった……。15年後のある朝、森に囲まれたごく普通の家庭の玄関で呼び鈴が響く。家主が屋敷の扉を開くと、そこにリュシー(ミレーヌ・ジャンパノイ)が猟銃を構えて立っていた。自分を虐待した者たちを見つけたと思った彼女は、復讐を遂げようと引き金を引く。その家族は一瞬で血の海に沈んでいった。成すべきことを終えたリュシーから電話を受け、屋敷に向かった親友のアンナ(モルジャーナ・アラウィ)は、邸内の惨状に思わず目を背ける。死体を処理し、立ち去ろうとする二人。しかし、そこに突然何者かが現れリュシーを襲い始めた……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/40248

次のページ : 様々なホラーオマージュと痛々しすぎる描写

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

杉山すぴ豊

2019/08/22 22:29

すぴ豊です。
「過酷な現実に立ち向かうためには想像力と現実を見る目の両方が必要」
名言です!
まさにそういう映画でしたよね!

0いいね

違反申告

whitestonetaichi

2019/08/23 12:58

ありがとうございます!深いテーマで感動的な映画でした。

0いいね

違反申告


この記事の画像  6枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/9/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー マーベル ランキング スパイダーマン:スパイダーバース 戦場のピアニスト 邦画 きれい 最強のふたり

Pick Upピックアップ