映画board

【閲覧注意】もはやZ級!? 愛すべきTROMA映画の数々 Vol.3

これまで

【閲覧注意】もはやZ級!? 愛すべきTROMA映画の数々 Vol.2 | 映画board

Vol.2では、筆者が最も愛するトロマ映画を紹介した。

もはやZ級!? 愛すべきTRОMA映画の数々 Vol.1 | 映画board

Vol.1では、トロマの地位を確立させた大名作『悪魔の毒々モンスター』をピックアップ。

3.Dolphinman vs Turkeyman (2015)

Troma 公式チャンネルより。

ジョン・ブレナン氏が監督/脚本/編集を務め、予算はたった50ドルの超低予算作品だ。

ある年の感謝祭、トロマヴィル(トロマ作品に頻繁に登場する架空の町)の食肉保管庫から物語は始まる。
感謝祭に備え、美味しそうなターキーを前に浮かれる男二人は、トリわけ大きな七面鳥を発見。「むむ?この特大ターキー動いてねえか?」と気付いたのもつかの間。
そいつは「悪魔の毒々ターキー」であり、血に飢えていた獰猛な七面鳥だったのだ。

発見者の二人を始め、トロマヴィルの住人たちを次から次に殺めて回る。一連の事件を報じるメディアのもとに、ターキーマンからこのようなメッセージが届く。

「最新の返品調査によると、アメリカで感謝祭と呼ばれる恥ずべき日に、最も七面鳥を消費しているのはトロマヴィルの住人であることが分かった。
我が親類への虐殺も今日で終わりだ。 これから私は君たちを毒々グレービー(肉汁のソース)によって満たし、抹殺するだろう。」

ターキーとグレービーソース、国民的料理が脅威になるなんて思ってもみなかった人々は当然大パニック。トロマお馴染みのヒーローたちに助けを求めたいところだが、悪魔の毒々モンスターことメルヴィンは所用でハワイに。巡査部長カブキマンは酔い潰れている。一体どうすればいいのか・・・。

そうだ!ドルフィンマンがいるじゃないか!!!

みどころ

とにかく徹底した「粗さ」が魅力だ。格闘シーンが始まったかと思えば突然、古き良きファミコン画質と音楽に切り替わり、呆れるぐらい唐突なエンディング。エフェクトや合成、格闘アクション全てが低予算感が溢れ、凄まじく粗いのだ。だけれどもその質感を計算して追及しており、実に凝った編集がなされている。

洗練されたジャンク感をたった数分の間に何度も見せつけられ、長い歴史で培ったトロマの美学が伺える。

次のページ : 大胆な試み?やっちゃえトロマ。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

Hazuki

2019/08/19 22:04

Banana Motherfucker面白すぎて2週しましたw

0いいね

違反申告


この記事の画像  3枚

Writer info

Seiya Asano

映画を作る、喋る、書くのが好きです。 自主制作ラジオでも毎週映画について語って...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/10/15 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

アクション おすすめ映画まとめ IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。 洋画 ジョーカー(2019) ミステリー・サスペンス カッコーの巣の上で かわいい ライフ・イズ・ビューティフル アメコミ

Pick Upピックアップ