映画board

『スパイダーマン:スパイダーバース』でアメコミファンが歓喜した理由

2019年8月7日よりDVD&Blu-rayがリリースとなるマーベル原作のアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』。
これまでの『スパイダーマン』映画シリーズとは異なり、初めてアニメーション映画として製作された同作は、各方面で絶賛され、全世界で大ヒットを記録。第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞までも受賞した。
ここ10年で幾度となくリブートが繰り返され、ハリウッドでは使い古されたコンテンツでもある『スパイダーマン』が、なぜここまで高く評価され、アメコミファンを歓喜させているのか?
ここではその理由に迫る!

『スパイダーバース』とは?

https://www.imdb.com/title/tt4633694/mediaviewer/rm4025186048?ref_=ttmi_mi_all_pos_148

『スパイダーマン:スパイダーバース』の原案となっているマーベル・コミックス『スパイダーバース』は、2014年から2015年にかけてマーベル・コミックスで展開された。

無数の宇宙で構成されたマルチバースでは、スパイダーマンの姿も様々で、最も有名なスパイダーマンはアース616のスパイダーマン。
それぞれがそれぞれのアースで活躍してきたものの、何者かが次元を超えて、それぞれの世界のスパイダーマンを滅ぼし始めたのだ。
それをきっかけにして様々な姿をした総勢100人以上のスパイダーマンたちが強敵‘‘インヘリターズ’’との壮絶な戦いに挑む姿が描かれる。
日本から70年代に放映された東映版『スパイダーマン』の巨大ロボット・レオパルドンが参戦し、大きな話題となったのも記憶に新しい。
映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、アメコミファンが熱狂したコミックスを新たな解釈で映像化。
製作開始段階ですでに大ヒットは間違いなしといった雰囲気であった。

前日譚を描く『エッジ・オブ・スパイダーバース』、サイドストーリー集である『ワールド・オブ・スパイダーバース』と合わせて、全3冊が日本でも刊行されているので、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』と共にお楽しみいただきたい!

次のページ : あらすじ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/9 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ファッション かわいい 洋画 セクシー マーベル インターステラー ゴールデン・グローブ賞 戦場のピアニスト 羊たちの沈黙

Pick Upピックアップ