映画board

深読み映画レビュー:感染よりも恐ろしいのは人間! 『イット・カムズ・アット・ナイト』

© 2017 A24 Distribution,LLC

アカデミー賞を席巻した『ルーム』(’15)や『ムーンライト』(’16)でハリウッド業界の注目を集め、『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』(’17)や『アンダー・ザ・シルバーレイク』(’18)、『ヘレディタリー 継承』(’18)などの刺激に溢れる秀作を次々と世に送り出す、話題のインディペンデント映画会社A24が新たに手掛けた『イット・カムズ・アット・ナイト』。プロデューサーは『イット・フォローズ』(’14)を大ヒットさせたデヴィッド・カプラン。長編デビュー作『Krisha』(’14・日本未公開)で全米の映画賞を数多く獲得し、新世代のインディーズ映画作家として期待の集まる鬼才トレイ・エドワード・シュルツが、監督・脚本・共同編集の一人三役を務めています。

舞台は何らかの感染が一挙に広がり、人々が恐怖に怯える世界。森の奥深くに佇む一軒家に、とある平凡な一家が暮らしています。家族は父親のポール(ジョエル・エドガートン)に母親のサラ(カルメン・イジェゴ)、そして17歳の息子トラヴィス(ケルビン・ハリソン・ジュニア)の3人。外の世界で何が起きているのか、ハッキリとしたことが分からない彼ら。マスコミは感染拡大の危機を伝えるものの情報は錯綜している模様。パンデミックの原因が何なのか、どれだけの犠牲者が出ているのか、具体的で正確な情報がほとんど得られない中、責任感の強いポールは愛する家族を守るべく、感染を避けるための厳格な生活ルールを決め、サラやトラヴィスもそれに従っています。外の世界は全てが脅威。頼れるのは自分たち家族だけというわけです。

そんなある晩、ついに一家の恐れていた事態が発生。何者かが家の中に侵入してきたのです。ウィル(クリストファー・アボット)と名乗るその男性は、飲み水を捜して迷い込んでしまった、妻と幼い息子が待っていると事情を説明しますが、しかし見ず知らずの他人、それも感染者かもしれない相手をおいそれと信用することなど出来ない。ウィルにライフルを突きつけ外へ追い出し、森の木に縛り付けて一晩様子を見ることするポール。翌朝、ウィルが健康体であることを確認したポールは、食料と水を交換してくれないかという彼の申し出を受け入れ、さらに妻サラの助言もあって、ウィルとその妻キム(ライリー・キーオ)、息子アンドリュー(グリフィン・ロバート・フォークナ)を我が家に迎え入れることにします。そうすれば、当分は食料の心配をする必要がなくなるし、味方が増えれば安心だからです。

© 2017 A24 Distribution,LLC

『ゴーストバスターズ』シリーズで活躍したキャストたちのその後18選【あの人は今・2021年版】
次のページ : 本作が映し出す現代社会の深刻な問題とは?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎える映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/7 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アメコミ 邦画 かわいい ラブロマンス ドラマ ミステリー・サスペンス ホラー

Pick Upピックアップ