映画board

もっと好きになる!エディ・レッドメインに関する5つのファンタスティックな真実

こんにちは。イギリス英語 通訳・翻訳者の川合亮平です。

『ファンタスティック・ビースト』最新作ついに公開!そして、エディついに来日!
ということで、僕の個人的感覚としては”日本中がこの話題でもちきり”の昨今です。

先日、来日したてのエディが、スイスの時計ブランドOMEGAさんでのシークレットイベントに出席されたんですが、そちらでエディの通訳をさせて頂きました。

Eddieと初対面の時「Lovely to meet you.」と、この世のものとは思えないソフトでラブリーなトーンで言ってくれたんです。
その瞬間、彼の人柄とか誠実さとかが全部まとめて一気に伝わって、感動しすぎて一瞬我を忘れそうになりました。
「いかんいかん、通訳通訳」と集中しなおしましたが。


(OMEGAさんイベントでのエディと背後で通訳中の僕↓↓↓)

(C) OMEGA

今回の通訳の準備としてYoutubeにあがってるエディのインタビュー動画は(大げさではなく)全部見たんじゃないかと思うくらい見まくったんですね。

その中で、心に残った面白エピソードやファクツがいくつかありましたので、紹介したいと思います。

全部エディの口から出たものです!

その1:りんごは丸ごと食べます

BBC Radio1でエディが語っていたんですが、彼、りんごは丸ごと食べるらしいです。

丸ごとって本当に丸ごとです。そう、皮はもちろん、種も。
そして、芯もヘタも。

うそ!?って思うでしょ。
DJの方もびっくりしてたんですが、エディは平然と「もちろん全部食べます」と。

「種ってちょっと毒があるんじゃないの?」という質問に対しても、
「解毒剤あるかな?梨が解毒剤になるとか?」と、まったく意に介さずというマイペースな回答をされてました。

しかし、”りんご丸ごと”に止まらず、驚くべき事実はさらに続きます。

「僕、面倒くさがりなので、お菓子の包み紙も丸ごと全部食べるんですよね」と。

!!!
これにはDJの人も絶句。

「包み紙ごとお菓子たべるの!!??」
「うん、そうだよ」

その2:手品とグリーティング・カード作りが趣味です

エディ、子供の頃から自分の誕生日会には手品師をよんでパフォーマンスをしてもらっていたみたいで、それが何よりの楽しみだったようです。

通常、イギリスではそういうのってだいたい10歳か11歳頃までなんだけど、エディは手品が好きすぎて、19歳の誕生日会にも手品師を呼んでもらったそうです。
「友達はもうみんな大人だから、ぼくの”お誕生日会”には誰も来てくれなかったけどね」と。

手品は自分でするのもとても好きで、イギリスやアメリカのテレビ番組でも何度か披露していましたよ。

そして、クリスマスなどの”グリーティング・カードは手作りにすべき”というのがエディのお母さん信条であるらしく、エディもその思想を受け継ぎ、カードを手作りするのが趣味と、あるテレビインタビューで話していましたよ。

その3:『レ・ミゼラブル』の役は嘘をついてゲット!

2012年の映画『レ・ミゼラブル』 、この作品で彼のことを初めて知った、という方は少なくないのではないでしょうか。
そして、これが彼のブレイクスルーのきっかけになった作品であるということを否定する人はそれほど多くないのでは?

さて、
大志を抱く、才能ある若き役者エディにとって『レ・ミゼラブル』はどうしても出演したい作品でした。

オーディションでものすごい難関を突破しなければならなかったそうですが、エディが狙いを定めていたマリウス・ポンメルシー役の条件は、”馬を乗りこなせること”だったらしいのです。

ある時キャスティングディレクターから「馬に乗れますか」と聞かれたエディは、「もちろん乗れます」と答えたそうなんですね。
しかし実情は、1人で馬を操縦して乗ったことなど一度もなかったそうなんです。
つまるところ乗馬超初心者ですね。

ともあれ、嘘が功を奏して無事(?)マリウス・ポンメルシー役を手中に収めたエディですが、乗馬の件に関しては気が気でならなかったそうです。そしていよいよ馬に乗って颯爽と駆け抜けるシーンの撮影がやってきます。

「怪我どころじゃすまないな」と覚悟を決めて、猛スピードで走る馬の背中に目をつぶりながら振り落とされないように必死でしがみついていたそうです。
幸い振り落とされず、馬は徐々にスピードを緩め、無事静止したそうですが、その時に監督であるトム・フーパーが全速力で馬の背中に乗るエディに走り寄って来て、彼の耳元で「この大嘘つき野郎!レッドメイン!」と怒鳴ったそうです。

そんな逸話をエディは笑いながら語っていました。

その4:初来日は役を得るための交換条件だった!?

さて、トム・フーパー監督にこっぴどく怒鳴られたエディですが、逆にそれが良いきっかけとなり、フーパー監督の目に止まり、2人はその後良い関係を築くようになったらしです。

2013年『レ・ミゼラブル』のDVD発売に伴って、PRの一環として来日してくれと制作側から依頼されたエディ。

日本には行った事がなかったので行きたい気持ちはあったらしいのですが、彼はその時期、他の映画の撮影で大変忙しく、本心としてはパスしたく、かなり渋っていたらしいんですね。

しかしその時、トム・フーパー監督が次にメガホンを取る予定になっていた作品『リリーのすべて』の主演候補に上がっていたエディはこの作品に心底惚れ込んでおり、どうしてもリリー役をゲットしたかったそうなんです。

そういった背景があり「よしわかった。日本に行って『レ・ミゼラブル』のDVDをPRしよう。だけど、その代わりリリー役は僕に任せてくれ」という条件をフーパー監督に提示して、来日が実現したそうなんですね。

もちろん、来日PRしたことだけがリリー役ゲットに繋がったわけではなく、彼の演技力あっての配役であったことは言うまでもありませんが、”海をまたいでのPR努力”という地道な行動が何らかの形で”リリー役ゲット”に作用したことはまぎれもない事実だと思います。

その5:お風呂が大好きです

大のお風呂好きであるといくつかのインタビューで答えています。

「いろんなことをリセットして新たな気持ちになれるから」というのが理由で、かなり熱くして入るのがエディ流だそうです。

日本の温泉には行った事があるのかな?

TOKYO, JAPAN - NOVEMBER 20: Eddie Redmayne attends OMEGA Fantastic Night on November 20, 2018 in Tokyo, Japan. (Photo by Christopher Jue/Getty Images for OMEGA)

エディが東京を訪問 | OMEGA®

さて、いかがでしたでしょうか?

育ちの良さや誠実さが身体から溢れ出てる人だな、というのが僕のエディに対する全般的な印象なんですが、彼の真隣で通訳をしてひしひし感じたのは、ものすごく頭が良い・頭が切れる人だということです。

”頭の良さ”は、彼のこれまでのキャリアやスクリーンに映る彼の演技を観れば当たり前に納得できる事実かもしれませんが、僕としては彼の隣でそれを身体感覚として強く感じた次第です。

彼が持つ育ちの良さや頭の良さという条件(更にルックスの良さ!)は、場合によっては他人を威圧する・圧倒する要素にもなり得ると思うんですが、そういった部分を隠すために、相手に対する優しさとして、努めて気取らず、気さくに、フレンドリーに振舞われている部分もあるのかな、と推測したりしています。

とにかく、人間として、そして役者として圧倒的な魅力を持つエディ・レッドメイン、杓子常時な意味ではなく、本当の意味で彼の今後の活躍が楽しみだな、と感じています。

さて、じゃあ、ファンタビの新作、観に行きましょうか。

川合亮平でした。



✳︎この記事へのご感想、川合亮平へのお仕事のご相談・ご依頼はメールにてお願いいたします:ryoheikawai(at)hotmail.co.jp



川合亮平その他関連記事:

5人の英国スター達との華麗なる思い出 | BRITISH MADE

『ファンタビ』をもっと楽しむための面白トリビア3選 | 映画board

【あのセレブも御用達】スターが利用するロンドン5つ星ホテル3選 | 海外ドラマboard

関連商品:

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 レンズと光の魔法――メイキング・ブック (ハーパーコリンズ・ノンフィクション) | イアン ネイサン |本 | 通販 | Amazon

【時間を作ってでも読みたくなる!】おすすめ漫画45選(2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

Ryohei KAWAI 川合亮平

イギリス英語 通訳/翻訳者。 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/7 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アメコミ 邦画 かわいい ラブロマンス ドラマ ミステリー・サスペンス ホラー

Pick Upピックアップ