映画board

急上昇 人気

【インタビュー】「全裸監督」武正晴監督&森田望智 <山田孝之主演 村西とおるの運命の女性・黒木香を熱演>

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」
総監督:武正晴
監督:河合勇人、内田英治
出演:
山田孝之 満島真之介 森田望智 柄本時生 伊藤沙莉 冨手麻妙 後藤剛範 ・
吉田鋼太郎 板尾創路 余 貴美子 / 小雪 國村隼 /
玉山鉄二 リリー・フランキー 石橋凌
原作:本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)
脚本:山田能龍、内田英治、仁志光佑、山田佳奈
配信:2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信
【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/全裸監督
 
 

 
 

概要:
山田孝之を主演に迎え、80年代を駆け抜けた“放送禁止のパイオニア”村西とおるの波瀾万丈の半生を綴った本格エンタテインメント。
村西と仲間たちの青春と熱狂を全8話のドラマで描く。

勤めていた会社が倒産した上、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西(山田孝之)は、アダルトビデオに勝機を見出し、仲間のトシ(満島真之介)、川田(玉山鉄二)らと共に殴り込む。
一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされた時、厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美(森田望智)が村西のもとに現れる。
恵美に「黒木香」という芸名を付けた村西。
二人の運命的な出会いは、社会の常識を根底からひっくり返していくのだった…。
 
 

森田望智

 
 

武正晴

 
 
――武監督がこの企画をお引き受けになった経緯を教えてください。

武  個人的には、80年代のことをそろそろやらないといけないと思っていたんです。今の時代のダメなところは、80年代から通じているのかなという思いがあって。でも、面白い時代ではあったと思うので、作品の題材になるんじゃないかなと。村西とおるは、その80年代の一番象徴的なキャラクターとして面白いと思ったんです。

――森田さんを恵美役に抜擢した一番の理由は?

武  オーディションです。彼女がドアを入ってきた時に、もう決まりでしたね。

森田 えー、絶対ウソですよ~。

武  いや、俺はすぐにいいなと思ったよ。パッと見て、「あ、この人が一番いいな」と。年齢的にも合っているし、脇毛※も生やしてきたし。
(※実際の黒木香は脇毛を生やしていた)

森田 生やしていたのではなく、書いてきたんですよ。
 
 

次のページ : 武  そうだったの?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  15枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/9/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー マーベル ランキング スパイダーマン:スパイダーバース 戦場のピアニスト 邦画 きれい 最強のふたり

Pick Upピックアップ