映画board

Birthday!

黒木メイサ

【アカデミー賞ノミネートの隠れた名作】見逃し厳禁!"負け犬の意地"を描く映画『ある女流作家の罪と罰』

内容の都合上、一部に作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『ある女流作家の罪と罰』

メリッサ・マッカーシーが、犯罪に手を染め追い詰められていく作家を演じた映画『ある女流作家の罪と罰』。第91回アカデミー賞でも3部門にノミネートされた作品です。
残念ながら、日本では劇場未公開の作品となりましたが、6月19日に先行デジタル配信がスタート、そして7月3日にDVDがリリースされました。今回はそんな「隠れた良作」のあらすじや見どころを解説します。

本作は、ベストセラー作家が詐欺師として転落していく様を描いたクライムムービー。実在の作家リー・イスラエルと彼女の自伝をもとにした、事実に基づく物語です。

【あらすじ】

ニューヨークの片隅で飼い猫とともに暮らすリー・イスラエル。かつてはベストセラー作家だった彼女だが、現在は酒に溺れ、すさんだ生活をしていた。酒好きで人当たりも悪い彼女は、仕事も続かず家賃も滞納。自分の著作を古本屋に持ち込むも買い取ってもらうことさえできない。かつてのエージェントにも相手にされず、まさに「ドン底状態」のリー。そんな彼女はなんとか生活していくために、大事にしていたキャサリーン・ヘプバーンからの手紙を売ることに。そこで思わぬ高値がついたことに驚いた彼女はそれに目をつけ、ある「ビジネス」を始める・・・。

【キャスト・スタッフ】

TORONTO, ON - SEPTEMBER 08: (L-R) Richard E. Grant, Anne Carey, Melissa McCarthy, David Yarnell, and Amy Nauiokas attend the "Can You Ever Forgive Me?" premiere during 2018 Toronto International Film Festival at Winter Garden Theatre on September 8, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by Suzi Pratt/Getty Images)

<キャスト>

メリッサ・マッカーシー

リチャード・E・グラント

ドリー・ウェルズ

ジェーン・カーティン




<スタッフ>

監督:マリエル・ヘラー

脚本:ニコール・ホロフセナー
   ジェフ・ウィッティ

製作:アン・キャリー
   エイミー・ナウイオカス
   デイビット・ヤーネル

原作:リー・イスラエル

次のページ : ここからは「本作の見どころ」をご紹介!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

TheRedLipstick

映画好きのWebライター。わかりやすい記事を配信したい! 邦画・洋画問わず観ます♪ ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/5/25 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング あの人は今 洋画 編集部選(おすすめ映画特集) セクシー きれい 海外ドラマ インターステラー 最強のふたり

Pick Upピックアップ