映画board

【松坂桃李「権力の内側でもがく1 人の男の姿」を熱演】権力中枢の闇に迫る『新聞記者』

 
 
吉岡というキャラクターについて理解した後で、杉原というキャラクターについて考えた時、この役を引き受けた松坂桃李はかなりの勇気がある、気骨のある日本人俳優だと改めて思いました。
 
 

 
 
再び、彼のコメントから一部を引用します。

「作品に対していろんな意見や見方が出てくるとしても、自分はとにかくこの杉原拓海という若手官僚の役をしっかり生きてみようと。そこに迷いはなかったですね」

「僕が演じた杉原拓海は、厚いヴェールに包まれた『内閣情報調査室』という部署に外務省から出向している設定です。(中略)彼は正義感も強く、国家や国民に尽くす矜持を持っています。一方で守るべき妻子や生活も抱えて、大きな力に呑み込まれそうになる弱さも自覚している。そこに鋭く迫ってくる新聞記者の吉岡をはじめ、上司、同僚、家族などさまざまな人たちとの関係を丁寧に演じることで、権力の内側でもがく1人の男の姿が立ち上がってくればいいなと」
 
 

次のページ : 杉原には…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  18枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/11/5 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 最強のふたり ディパーテッド スパイダーマン:スパイダーバース インターステラー ライフ・イズ・ビューティフル 洋画 ロード・オブ・ザ・リング グッドフェローズ アカデミー賞

Pick Upピックアップ