映画board

【松坂桃李「権力の内側でもがく1 人の男の姿」を熱演】権力中枢の闇に迫る『新聞記者』

『新聞記者』
6/28(金)新宿ピカデリー、イオンシネマ ほか 全国ロードショー
© 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
配給:スターサンズ/イオンエンターテイメント
出演:シム・ウンギョン 松坂桃李
   本田翼 岡山天音 /西田尚美 高橋和也/北村有起哉 田中哲司
監督:藤井道人 脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎
原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸
 
 

 
 

 
 
概要:
東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙や葛藤を描いたオリジナルストーリー。
主演は韓国映画界の至宝 シム・ウンギョンと、人気実力ともNo.1俳優 松坂桃李。

東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。
日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明しようと調査を開始。
一方、内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、現政権に不都合なニュースのコントロールという任務を与えられ、葛藤していた。
もうすぐ父親になる杉原は、尊敬する昔の上司・神崎(高橋和也)と再会するが、その数日後に神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。
神崎の死をきっかけに、「闇」の存在に気付き、選択を迫られる杉原。
真実を追い求めていく吉岡。
二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかに…。
 
 

次のページ : 最初に脚本を…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  18枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/10/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー マーベル 最強のふたり ホラー スパイダーマン(2002) セブン ドキュメンタリー あの人は今

Pick Upピックアップ