映画board

2019年も出演作多数!自然体が魅力な女優・前田敦子のオススメ映画7選

1. なぜ、女優・前田敦子は私たちを惹きつけてやまないのか?

1991年生まれの女優・前田敦子。「元AKB48の絶対的センター」という華々しい経歴を持つ前田は当初、女優としては大成しないと言われていました。

しかし、2019年現在だけでも映画「コンフィデンスマンJP」「町田くんの世界」など出演作が多く控えており、前田を起用した映画監督たちは皆一様に「唯一無二の存在」「前田敦子なくして日本映画はなし」と前田を絶賛。

そんな前田敦子が女優として支持される理由とつい目で追いかけてしまう魅力を、前田の出演映画をともにご紹介します。

2. 映画「苦役列車」(2012年)

シネマトゥデイ

苦役列車

苦役列車

SCORE

集計中...

2012年7月14日より公開
2012年/日本/113分

more

西村賢太の芥川賞受賞私小説を山下敦弘監督が実写化した映画「苦役列車」。1986年、友ナシ、金ナシ、女ナシの自堕落な日々を送る19歳の北町貫多(森山未來)の愛すべきロクデナシ青春ストーリー。

前田は貫多が想いを寄せる古本屋の店員・桜井康子を演じています。野獣のような貫多と戸惑いながらも「友達」になることを受け入れ、古本屋で一人静かに本と向き合うヒロインの康子は、実は映画オリジナルキャラクター。

本作が公開した2012年はちょうど前田がAKB48を卒業した年だったため、撮影に参加できる日数も非常に限られていたそうなのですが、女優・前田敦子としては、本作がまさにターニングポイントだったように感じます。

その理由は、絶対的センターとして明るく輝くアイドルの前田ではなく、前田本人のどこか内向的で不器用で影のある性格が、康子というキャラクターと見事にマッチングしたから。

前田本人に近いキャラクターだったからこそ、毎回、壮絶な役作りをする森山と実力派俳優の高良健吾に挟まれながらも、芯がありブレないヒロインとして二人に引けを取らない演技を披露しています。

子どもと一緒に観たい!NETFLIX ネットフリックスでおすすめの面白い映画ランキングTOP25
次のページ : 3. 映画「もらとりあむタマ子」(2013年)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Yuri.O

映画ライター歴6年のYuri.Oと申します。映画を年間170本、読書を年間100冊ペースでこ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かにこ

2020/10/20 22:47

安堵した

3

「空に住む」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/10/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 編集部選(おすすめ映画特集) 洋画 ミステリー・サスペンス インターステラー アクション オールド・ボーイ(2003) ランキング ジョーカー(2019) LION ライオン 25年目のただいま

Pick Upピックアップ