映画board

Birthday!

リアーナ

★MY『XーMEN:ダーク・フェニックス』最速レビュー (最高です!&ネタバレ無し)

ヒーロー映画としてのケレン味に満ちたXーMEN映画最新作

正直言うと、前作『XーMEN:アポカリプス』が自分的には”いまひとつ”
でした。映画自体は悪くないし、サイロックがコミックのイメージ通り映像化されたり
と好きな作品ではあるのですが、これをもってマカヴォイたちの
X-MEN映画シリーズが完結(と当時は言われていたので)
となると、そういう意味ではフィナーレ感がないというか、
”締め”としては弱いなと思っていたのです。
もしかするとそれは製作陣も感じていたのかもしれない、
急遽、マカヴォイらのキャストでもう1本、X-MEN映画
が作られると発表され、それが本作『XーMEN:ダーク・フェニックス』です。
しかも状況は大きく変わり、
マカヴォイらのX-MEN映画として最後、ではなく、
20世紀フォックスのディズニー買収に伴い、
20世紀フォックスのX-MEN映画としてはこれが最後となりました。
(実はまだ『ニューミュータンツ』という作品がありますが、ここにXーMEN
と冠がつくか未定なのと、この作品の公開時にはディズニー配給になっていると
思うので、この記事では20世紀フォックス最後のX-MEN映画は
『XーMEN:ダーク・フェニックス』とします)
果たして締めに値する作品に仕上がっていたのか?
結論から言うと、素晴らしいX-MEN映画でした。
今までのX-MEN映画の良さはひきつぎながら、
新たなX-MEN映画の可能性を感じさせてくれる作品でした。

本作が新鮮だったのは”スーパーヒーロー映画としての面白さ”を
加味したことです。
確かにX-MENはアメコミのスーパーヒーロー物ですが、
同時にミュータントと人間の対立という構造を通して、
人種問題やダイバーシティといったテーマを取り入れ、ドラマ性を
重視してきました。
これが本シリーズの”味わい”でしたが、そのために
超人たちがスーパーパワーを使って人々のために大活躍する的な見せ場が
少なかったし、
基本ミュータント同士の内輪もめ(けれど壮大)的アクションでした。
しかし本作は、この枠を超えた”胸のすくような”見せ場があります。

次のページ : ジーンはキャプテン・マーベルより強い!とソフィー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/2/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

スター・ウォーズ ランキング おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー グレイテスト・ショーマン プライベート・ライアン アベンジャーズ/エンドゲーム インセプション ドラマ

Pick Upピックアップ