映画board

55年前のゴジラ映画と新旧ハリウッド映画の時空を超えた不思議な関係!?

宇宙からのラスボスに地球怪獣のドリームチームが団結して立ち向かう!

前作のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)は世界中で大ヒットを記録し、休止していた“本家”・国内版の『ゴジラ』シリーズを再開させるきっかけになり、結果としてあの傑作『シン・ゴジラ』(2016)を生むことになった。それらの成功を経て製作された今回の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と同じ顔触れの怪獣たちが登場した映画は、ゴジラシリーズ5作目の『三大怪獣 地球最大の決戦』。(前回の)東京オリンピックが終了してから約2ヶ月経ち日本中のお祭りムードが落ち着いた1964年12月20日に公開された作品だ。

金星人を自称する謎の美女(若林映子)が現れ、ゴジラとラドンの出現、そしてかつて金星に存在した文明を滅ぼした凶暴な宇宙怪獣キングギドラの出現を予言する。彼女が、日本に亡命する途中で暗殺されたと思われていた某国の王女に瓜二つだったことから、王女の護衛をするはずだった警視庁の若手刑事(夏木陽介)は独自に調査を開始する。だが、彼女の予言は次々に的中、出現した三大怪獣によって地球は滅亡の危機に陥る…。

この作品でデビューしたキングギドラは絶大な人気を獲得し、ボスキャラ的悪役として以降のゴジラシリーズにたびたび登場することになる。今回の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』への登場もその流れからのものと言えるだろう。

この作品と『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』には物語上の共通点はほとんど無いが、意外にも超メジャーなハリウッド映画とつながりや類似点がある。まず、ゴジラとラドンがモスラに説得されて一致協力し、宇宙からの脅威であるキングギドラと戦うという後半の展開。それぞれ独立した映画でデビューしていた3匹が共演し、強大な敵に立ち向かうため共闘する…というのは、まさに近年のハリウッド映画で大流行している「シェアード・ユニバース」である。恐らく自社の“財産”である3匹の「スター怪獣」の共演企画を、という発想が生んだ単なる偶然の一致だろう。ちなみに東宝はこの後、自社が生んだ怪獣のほぼすべてである10大怪獣がキングギドラと戦う『怪獣総進撃』(1968)を製作、この路線をさらに進化させた。

次のページ : 怪獣映画にあの恋愛映画の名作をミックス!?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

わかさ

2019/10/16 00:44

記事を読んでゴジラの映画考え込まれて作られているのがわかり面白かったです。キングギドラを地球生まれの怪獣が団結して倒すというシェアードユニバースまさにアベンジャーズでやっていることをこんなに早く映画でやっているのはすごいと思いました。

0いいね

違反申告

上妻 祥浩

2019/10/16 18:49

コメントありがとうございます!

そうなんですよ。当時は映画の製作本数がやたら多かったんですが、それでもきちんと作り込まれていたんです。驚きます!

0いいね

違反申告


この記事の画像  1枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/11/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 STAND BY ME ドラえもん おすすめ映画まとめ 最強のふたり ホラー ミステリー・サスペンス セクシー ドラマ パッドマン 5億人の女性を救った男 ライフ・イズ・ビューティフル

Pick Upピックアップ