映画board

朝ドラ「まんぷく」塩軍団でおなじみ・毎熊克哉インタビュー『轢き逃げ -最高の最悪な日-』で刑事役に挑戦

 
 
――轢き逃げから始まる重い内容の映画の中で、毎熊さんが演じた前田刑事は、軽妙で楽しい雰囲気があって、ほっと一息つけるようなキャラクターであり、観客の視点に近い存在だと思いました。ご自身では、前田刑事をどのように捉えて演じられましたか?

◆前田から癒しを感じていただけたのなら、すごく嬉しいですね。最初の頃の打ち合わせで、監督からも「前田というのは癒しだからね」と言われていて、それが前田に与えられた役割でもあったので。前田はある意味 真っすぐすぎて、刑事としてはまだまだなんだけど、そこが可愛らしく見えるキャラクターだと思います。

 この映画は、いろいろな視点で観ることができる作品だと思うんですが、今おっしゃったように、前田はお客さんの視点に近いというか、俯瞰で見ている、癒しキャラなんじゃないかなと思います。

――水谷監督からは、どのような指示がありましたか?

◆細かい動きやニュアンスを指示してくださり、それを常に監督自身が体現してくれるのが印象的でした。

――毎熊さんは数々の作品に出演していらっしゃいますが、水谷監督の演出は、ほかの監督作と比べてどのような違いがありますか?

◆水谷さんが役者としての長いキャリアの中で培ってきたスキルを、まだ若手である僕らに細かく指導してくださいました。振り向き方一つでも、「カメラに対してどういう風にやれば、こういう風に見えるか」といったことなど、役者としての経験で知っていらっしゃるから、具体的に演出をしてくださったんですね。そういった点は、ほかの監督とは違うと感じました。
 
 


水谷監督と毎熊さんの共演シーン

 
 
――岸部さんとのコンビネーションがとても良かったですが、共演されていかがでしたか?

◆まさに、柳刑事と前田刑事のような感じでした。劇中ではベテラン刑事と若手刑事、現実ではベテランの俳優と若手の俳優なので、映画に映っている通りの関係に近かったです。実際には、あそこまでなれなれしくは喋れないですけどね(笑)。全て撮り終わって、完成したものを一緒に観て、乾杯した時に、少し距離が縮まった気がしました。
 
 

岸部さんの相棒刑事を演じた毎熊さん

【本で恋愛を疑似体験!】読めばドキドキできる恋愛小説ランキングTOP30
次のページ : ――撮影中…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング アメコミ かわいい ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

Pick Upピックアップ