映画board

朝ドラ「まんぷく」塩軍団でおなじみ・毎熊克哉インタビュー『轢き逃げ -最高の最悪な日-』で刑事役に挑戦

『轢き逃げ -最高の最悪な日-』
5月10日(金)公開
キャスト:中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉
水谷 豊 檀 ふみ 岸部一徳
監督・脚本:水谷 豊  撮影監督:会田正裕  音楽:佐藤 準
配給:東映
© 2019映画「轢き逃げ」製作委員会
 
 
概要:
30年来の夢であった“タップダンス”を題材にした映画『TAP -THE LAST SHOW-』で監督デビューを飾り、圧巻のダンス映像と深い人間洞察からくる演出で、監督として確かな一歩を踏み出した水谷 豊。
監督2作目は、他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を映画として描く。
エンターテインメントの最前線に50年以上立ち続けている水谷が挑む“新たなる世界”が生まれようとしている。

ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。
車を運転していた青年・宗方秀一(中山麻聖)、助手席に乗っていた親友・森田輝(石田法嗣)。
二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。
婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗(小林涼子)。
悲しみにくれる被害者の両親、時山光央(水谷 豊)と千鶴子(檀 ふみ)。
その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎(岸部一徳)と新米刑事・前田俊(毎熊克哉)。
平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。
悲劇の先に、彼らは何を見つけられるのか…?
 
 

 
 

毎熊克哉

 
 
1987年生まれ、広島県出身の毎熊克哉さんは、2016年の初主演作『ケンとカズ』で、第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞等を受賞。
2018年は、『北の桜守』『万引き家族』『私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい 第3章 おまえ次第』『止められるか、俺たちを』など多数の映画に出演。
NHK連続テレビ小説「まんぷく」出演も記憶に新しい毎熊さんは、映画・TVのほか舞台でも活躍し、芝居噺弐席目「後家安とその妹」の主演も控えています。
 
 

 
 
大活躍中の毎熊さんに、『轢き逃げ -最高の最悪な日-』の撮影エピソードや、水谷監督や共演者についてなど、たっぷり語っていただきました。
 
 

次のページ : ――轢き逃げから…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/10/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー マーベル 最強のふたり ホラー スパイダーマン(2002) セブン ドキュメンタリー あの人は今

Pick Upピックアップ