映画board

★MY『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』レビュー:新元号時代、最初のホラー映画です!

安定の面白さ!

ホラー映画を褒めるのに”安定している”
という言葉は不適切かもしれませんが、
この『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は期待通りのホラーに仕上がっています。
今回はメキシコに伝わるラ・ヨローナという、
有名な幽霊伝説をテーマにしているそうです。
従ってこのキャラ自体は映画オリジナルではありません。
だから”貞子”の映画ではなく、
トイレの花子さんとか口裂け女を映画化したようなものですね。
ストーリーについては詳しく触れませんが、
ある悲劇があって子どもの魂を求めて現れる白い女の悪霊です。
ラ・ヨローナとはメキシコの呼び方だそうで、泣く女という意味。
英語では Weeping Woman、その外見からWoman in White
とも呼ばれるそうです。
1973年を舞台に、このラ・ヨローナに2人の子どもを狙われた
シングル・マザーの恐怖と戦いを描きます。
登場人物も少なく、一軒家を舞台にした物語なのです。
ですから
この映画はすごいモンスターが人を食べまくったり、
ゾンビ軍団がワーっと襲いかかってくるような、
スペクタクルはありません。
また血しぶきとびちる仮面の殺人鬼映画でもありません。
では地味か?
とんでもない。
前半はジワっとくるオカルト・ホラー、
そして後半は
ラ・ヨローナと家族との息詰まる攻防が
ハイテンションで描かれます!
え?どこ?どこ?わーきたああ!!みたいに楽しめる映画(笑)
やっぱりホラー映画に期待するものって、こういう気持ちになれるか
ですから。
それを十二分に味わうことが出来ます。
怪談×アクション。
しっかり怖い映画ですが、
『ヘレディタリー/継承』『サスペリア』(リメイク版)のような
ヘビーなスプラッタ(流血)シーンはほとんどないので、
ホラーにトライしたい初心者の方にもおすすめです。

『スーパーナチュラル』との意外な接点

ドラマ、『スーパーナチュラル』の記念すべき第一話に登場する幽霊は
明らかにラ・ヨローナをベースにしています。
このエピソードではWoman in Whiteでした。
『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』のゴーストは子どもの魂を狙いますが、
『スーパーナチュラル』のゴーストは子どもを失うきっかけを作った
夫への不倫への怨念であり、従って浮気男を襲います。

次のページ : 死霊館ユニバース!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/7/16 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 マーベル セクシー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー かわいい 編集部選(おすすめ映画特集) あの人は今 カッコーの巣の上で アメコミ

Pick Upピックアップ