映画board

人気

リバー・フェニックス、死して尚若き天才俳優と呼ばれるその理由

リバー・フェニックスの代表作

Martha Plimpton and River Phoenix, nominee Best Actor in a Supporting Role for 'Running on Empty' (1988) (Photo by Barry King/WireImage)

以下、5作品は印象的な出演を果たしたリバー・フェニックスの代表作とも呼べる映画を紹介します。有名なのでほとんど知られている作品ですが、今一度懐かしさを味わうと共に、やはり彼を語る上では外せない映画なのです。

忘れられない作品『スタンド・バイ・ミー』(1986年)

https://middle-edge.jp/articles/I0000622

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

SCORE

集計中...

原題:Stand by Me
1987年4月18日より公開
1986年/アメリカ/89分

more

今も名作として輝く『スタンド・バイ・ミー』 。リバー・フェニックスの名を世界に知らしめた作品。

明らかに子供のはずなのに貫禄さえ覚えるその演技は、瞬く間に輝きを放ち認識されるようになっていきます。煙草を咥える仕草、悲しむ友を包み込む優しさ、幼き歳にしてただ者ではない雰囲気が漂っていました。

若き日の『インディー・ジョーンズ』(1989年)

http://goodtimes.hatenablog.com/entry/2014/04/11/225700

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

SCORE

集計中...

原題:Indiana Jones and the Last Crusade
1989年7月8日より公開
1989年/アメリカ/127分

more

少年となって再び姿を現したのは、ハリソン・フォードの代表作に数えられる『インディー・ジョーンズ/最後の聖戦』。この作品で若き日のインディアナ・ジョーンズを演じたことで、これからの活躍を予感させる、とても印象深い役でした。

インディアナ・ジョーンズがなぜ鞭使いとなったのか、若き日の冒険が描かれています。

燦然と輝く『マイ・プライベート・アイダホ』(1991年)

https://www.pdxmonthly.com/articles/2011/9/21/van-sants-portland-october-2011

マイ・プライベート・アイダホ

マイ・プライベート・アイダホ

SCORE

集計中...

原題:My Own Private Idaho
1991年7月20日より公開
1991年/アメリカ/104分

more

リバー・フェニックスの青年期のベスト作としても名高い『マイ・プライベート・アイダホ』。鬼才ガス・ヴァン・サントがメガホンを取る青春映画。

若者のリアルな問題を取り上げ、切なく悩む青年を見事に演じています。しかし、この時代ではLGBTの理解もそこまで進んでいなく、事務所の反対を押しのけほぼノーギャラでの出演をしていました。
その結果としてこの作品で多くの賞を受賞し、青年期のリバー・フェニックスは子役時代から変わらぬ輝きを放っていることを証明しています。

名優との共演『スニーカーズ』(1992年)

https://twitter.com/aktf_wcbh/status/882013168347828226

スニーカーズ

スニーカーズ

SCORE

集計中...

原題:Sneakers
1993年2月11日より公開
1992年/アメリカ/126分

more

ロバート・レッドフォードとの共演で注目を集めた作品『スニーカーズ』。セキュリティの盲点をつき、欠点を見抜くハッキング集団の中の1人を演じている、リバー・フェニックス。

ダン・エイクロイドなどと肩を並べ、個性派俳優として存在感を放っています。

幻の遺作『ダーク・ブラッド』

https://www.fashion-press.net/news/10619

ダーク・ブラッド

ダーク・ブラッド

SCORE

63%

原題:DARK BLOOD
2014年4月26日より公開
2012年/アメリカ=イギリス=オランダ/86分

more

幻の遺作として有名な『ダーク・ブラッド』。製作は2012年となっていますが、日本での公開は2014年。2014年は、遺作と決意しこの作品を完成までもたらした監督、ジョルジュ・シュルイツァーが他界した年でもあります。

撮影の最中、亡くなったリバー・フェニックスの最後の勇姿は、とても妖艶な雰囲気で観る者を変わらずに魅了し続けています。今でも多くの人がその死を惜しんでいる、若き天才、リバー・フェニックス。
彼を想い、余命宣告をされながらも完成を決意したジョルジュ・シュルイツァー監督は、全てを見届けこの世をさっています。

映画人としての決意の作品、リバー・フェニックスへの想いがとても伝わる作品です。

ディズニーだけじゃない!子ども向け《海外アニメ映画》おすすめ名作7選【Amazonプライムビデオ】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

mad_cat_67

2019/08/21 22:00

インタビューウィズヴァンパイアのインタビュアー役をリバー・フェニックスがやる予定だったんですよね確か?その役を落とされたのがレオだったという。。。

3いいね

違反申告


Reki

2019/08/21 19:52

演技力もルックスも、あの眼差しも魅力的な俳優さんでしたよね。
もっともっと彼の映画を観たかったです。

3いいね

違反申告


コメントの続きを表示  2件

この記事の画像  10枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画好きです。とにかく映画が好きなんです。1日1映画鑑賞をモットーに生きてます。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

りるふらっぐ

2020/06/02 15:36

アクションすごい!

5

「亜人」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/6/1 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 スター・ウォーズ ランキング インターステラー 戦場のピアニスト 編集部選(おすすめ映画特集) シャイニング セクシー パラサイト 半地下の家族

Pick Upピックアップ