映画board

Birthday!

田中圭

【電話インタビュー!】『マローボーン家の掟』 セルヒオ・G・サンチェス監督

①4兄妹、アニャをはじめ素晴らしい俳優が揃っていますが、キャスティングの経緯について教えてください。また、それぞれのキャストについてどのような印象を受けましたか?

――ハリー・ポッターのキャスティングディレクターが英国人俳優のカタログをたくさん持っていた中で、あまり知られていない俳優を選びたいと思っていました。みんな1本か2本しか出演していない、そんなに有名ではない俳優を選ぼうと思いました。今回の撮影が終わってみてキャストの彼らとはすごく仲良くなったので、もう一度このキャストで何か全然違うものを作りたいという話もしています。
実は撮影を始める前に、実際にアストゥリアスの撮影現場で2週間ほど皆家族と離れて一緒に過ごしたのですが、一人一人どのように役作りをしていくか別々の演出の仕方をしなければいけなかったというところが少し難しかったかもしれません。撮影前のこの2週間は一度も映画のリハーサルはせずに、「マローボーン家」になる前の兄弟はどうだったのか、母親とはどんな人物だったのか即興を演じさせました。いつニューイングランドに移り住もうとしたのか、それを決心した時の家族というテーマをつくり即興を演じました。それによってこの2週間の間で関係が形成されたことで無理なく兄妹として撮影に入る事が出来ました。

(左から)チャーリー・ヒートン、ジョージ・マッケイ、セルヒオ・G・サンチェス監督、カイル・ソラー、ニコラ・ハリソン

SAN SEBASTIAN, SPAIN - SEPTEMBER 27: (L-R) Charlie Heaton, George Mackay, Sergio G.Sanchez, Kyle Soller and Nicola Harrison attend 'Marrowbone' photocall during 65th San Sebastian Film Festival on September 27, 2017 in San Sebastian, Spain. (Photo by Juan Naharro Gimenez/Getty Images)

ジョージ・マッケイについて

――彼は9年映画やドラマや舞台をやってきていました。キャスティングテストの時にはワンシーンだけだったのでわからなかったのですが、自分の中ではキャスティングの段階で1番疑問を抱いていた俳優でした。その後、彼が丁度ロンドンで舞台に立っていたので、その舞台を見に行ってその演技を見て彼しかいないと思い決めました。規律正しくいつも周りに目を配る人で、自分の中でいろんなことを試して、周りと一緒にどうアンサンブルを取っていくか試してくれるので、他のキャストは彼のことを非常に頼りにしていました。まるでこの物語の中のお兄さんのように。彼のような俳優に出会えて本当に良かったですし、これがヒット作になって彼が有名になってくれれば嬉しいなと思います。

アニャ・テイラー=ジョイについて

――彼女は撮影当時は20歳だったのですが、非常に知的な感情表現ができる女優で、声が非常に素晴らしいです。母親がスペイン人、父親がスコットランド系アルゼンチン人でいろんな所に移り住んできた人です。今回出番が少なかったのですがもっと一緒に仕事がしたいと思いました。今のところホラーやサスペンスなどのジャンル映画ばかりに出演していますが、非常に才能がある女優なのでこれからもっと幅広い役に挑戦していくでしょう。

チャーリー・ヒートンについて

――彼はもともと映画での演技経験はなかったのですが、本作の撮影の2週目の時にNetflixで初めて出たドラマ「ストレンジャー・シングス」の影響で、昨日までは誰も知らない全く無名の俳優だったのに次の日には撮影現場に若いファンが集まってきました。彼自身も何が起こっているのかわからない様子でした。今の時代本当にグローバルに名前が知られるんだなと思いました。彼自身も優しく面白い俳優で、芝居の経験がなかったにも関わらず、非常に素晴らしく、素のままに演じてくれればいいと思っていました。

ミア・ゴスについて

――彼女はほとんど演技ではなく、ジェーンが乗り移っているようでした。カメラが回っていないい時でも常に四六時中ジェーンでいたことに驚きました。すごく静かな佇まいなのに、声の高低の幅が広いところに惹かれました。天候の関係で家の中でのシーンを1時間で撮影しなければならなくなったのですが、撮影してそのシーンのOKが出たときに彼女は泣きだして「天候が悪いことは過去の事になるけど、映画は一生残るものだから自分が失敗したらどうしようとすごく緊張した」と言いました。そこまで入れ込んでくれることに感動しました。

マシュー・スタッグについて

――撮影当時は8歳で、おばあちゃんと一緒に撮影に来ていて、まるで夏のキャンプに来ているみたいでした。年上のお兄ちゃんばかりの中で本当の兄弟のように過ごしていました。彼には全く物語を教えませんでした。傷付きやすい年代なので怖い想いをさせたくなかったからです。彼のシーンは全て時系列に撮影しました。でも撮影をしていく中で彼の中でもちょっとずつストーリーが出来ていて、次のシーンはこうだよと説明すると「それはもうわかってるよ」と言われたりして、彼の中で彼なりに物語を生きるということが出来上がっていました。一番印象に残っているのは、誰かがマシューにこれが君の最後のシーンだよと告げたときに、撮影が終わって皆と離れるのが嫌で泣き出した事です。彼は撮影をすごく楽しんでいました。

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

②本作の制作にあたり、インスピレーションを受けた作品はありますか?

――インスピレーションになったのは映画や本ではなく、本作では美術と撮影にすごくこだわって、アンドリュー・ワイエスの絵画を一つのイメージにしました。ニューイングランドの農場をたくさん描いている人なんですけれども、その中に描かれる、木でできた家とその周りの茂った夏草は、幸せな時には楽しそうに見えるが、少しでも自分の中に不安があるとその草がなびくことでも不安になる。そうしたことは誰しもの中にあることだと思います。本作では「鏡の中をみるのが怖い」というところとか、家の描写に関しても、「家の外は明るいのに、家の中に入ると暗い」とか「それぞれの部屋に3つドアがある」とか、そうした細部に非常にこだわって、常に何か落ちつかないという演出をしました。幸せな時は皆で家の中で集まって幸せを感じるけれど、なにかをふっと凝視すると怖い、というようなところを家の中に作りました。あとは家自体が迷路になっているのも要素として使いました。

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

③撮影において、最も苦労したシーンはどこですか?

――一番難しかったのは、物語を進めるうえで基本となる部分を崩さないようにすることです。
観客はジャックの目線で物語を観るわけですが、ジャックの感情には本当の事じゃないことがたくさん隠されていますよね。だからこそ、家族を描いているシーンも、恋愛を描いているシーンでも、サスペンスタッチのシーンでも、大前提として兄妹とジャックの間に「僕たちはひとつだ」という気持ちがあることを崩さないようにしたかったんです。また、常に観客に対してはジャックを通して間違った情報が与えられるので、最後までその緊張感を引っ張っていけるかにも気を使いました。そして、やはり最後に納得のいく物語にするというところですね。

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

タイトル:『マロ―ボーン家の掟』
【監督・脚本】セルヒオ・G・サンチェス
【製作総指揮】J・A・バヨナ
【出演】ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ/アニャ・テイラー=ジョイ
􀁛2017年/スペイン・アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/􀁛5.1ch/1時間50分/日本語字幕:佐藤恵子原題:MARROWBONE

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU;RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.
公開表記:2019年4月12日(金)より新宿バルト􀁛9 ほか全国ロードショー
配給:キノフィルムズ 宣伝:REGENTS
公式サイト:􀁛www.okite-movie.jp

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

子どもと観たい、おすすめの80〜90年代映画 8選|あのドキドキを親子で共感!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

映画board編集部

今日見る映画が見つかる。 映画boardは映画に関連するニュースや作品情報、レビュー...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/7/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー ランキング アベンジャーズ/エンドゲーム インターステラー DC アカデミー賞 グッド・ライ いちばん優しい嘘 ロード・オブ・ザ・リング

Pick Upピックアップ