映画board

4月公開のミニシアター系映画5選『ザ・バニシング-消失-』『ビューティフル・ボーイ』ほか

ザ・バニシング-消失-

ザ・バニシング 消失

原題 :SPOORLOOS

2019年4月12日より全国にて公開

1988年/オランダ=フランス/106分

more

あらすじ

旅行先へ向かう途中、忽然と姿を消した恋人。3年経った今も、彼女を忘れられない男は彼女に一体何が起こったのかをただただ知りたくて、テレビ出演し犯人に訴える。それを見ていた犯人とは……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/73241

スタンリー・キューブリックが『今まで見た中で最も恐ろしい映画だ』とコメントしたオランダの伝説のサスペンス映画。

制作から30年の時を経てついに日本で公開される。

ミステリーの王道である女性が消えると言う展開から世にも恐ろしい物語が繰り広げられる。 予告からは今年2月に公開されて話題を呼んだ韓国のミステリーサスペンス映画『バーニング 劇場版』に似た印象も受けるがどんな作品なのだろうか。

シネマート新宿他で4月12日より公開予定

映画『ザ・バニシング -消失-』オフィシャルサイト

ビューティフル・ボーイ

ビューティフル・ボーイ(2019)

原題 :BEAUTIFUL BOY

2019年4月12日より全国にて公開

2018年/アメリカ/120分

more

あらすじ

成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた学生ニックは、ふとしたきっかけで手を出したドラッグに次第にのめり込んでいく。
更生施設を抜け出したり、再発を繰り返すニックを、大きな愛と献身で見守り包み込む父親デヴィッド。
何度裏切られても、息子を信じ続けることができたのは、すべてをこえて愛している存在だから。

出典元:https://filmarks.com/movies/79774

『君の名前で僕を呼んで』でその美貌とたぐいまれなる演技力で世界中を虜にしたティモシー・シャラメの最新主演作。

ドラッグで身を持ち崩していく少年ニックとその父親の愛と戦いの物語を描く。

父デヴィッドを演じるのはコメディ俳優の枠を超えて活躍を続けるスティーブ・カレル。

ドラッグの恐ろしさと親子の深い愛が伝わる感動作だ。

薬物をやってしまった時に突き放すのではなく、受け止めてくれる人間がいることが更生するには必要だとよくわかる。

こちらも4月12日からTOHOシャンテ、シネマカリテ他で上映予定。

映画『ビューティフル・ボーイ』公式サイト

魂のゆくえ

魂のゆくえ

原題 :FIRST REFORMED

2019年4月12日より全国にて公開

2017年/アメリカ=イギリス=オーストラリア/113分

more

あらすじ

トラーは、ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」の牧師。ある日、トラーはミサに来た若い女性メアリーから、環境活動家の夫マイケルが思い悩んでいるので相談に乗ってほしいと頼まれる。仕方なく出向いたメアリーの家でマイケルと話したトラーは、彼が地球の未来に思い悩むあまり、メアリーのお腹の子を産むのに反対していることを知る。必死に説得を始めるトラーだが、心の底ではマイケルに共感し自分の説明に納得のできないもうひとりの自分がいる。一方、彼は自分の所属する教会が、環境汚染の原因を作る大企業から巨額の支援を受けていることを知る。本当の正義とは一体何なのか。トラーの信仰心は徐々に揺らぎはじめ、やがて怒りにも似た感情が彼を蝕んでいくのだった…。

出典元:https://filmarks.com/movies/79658

『タクシードライバー』『レイジング・ブル』の脚本家として知られ監督としても30年近く活躍しているポール・シュレイダーの最新作。

第91回アカデミー賞で脚本賞にノミネートされ高い評価を受けている。

牧師が自分の信仰に疑問を持ち、揺らいでいくさまを硬派なタッチで描く。主演のイーサン・ホークの熱演が光る。

4月12日よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷他で上映予定。

映画『魂のゆくえ』公式サイト|4月12日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかロードショー

芳華 Youth

芳華 Youth

原題 :芳华

2019年4月12日より全国にて公開

2017年/中国/135分

more

あらすじ

1976年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に、夢と希望を持った17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)が入団。農村出身で周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。

しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎えるー。

出典元:https://filmarks.com/movies/78406

1970年代、文化大革命の激動の時代を生きた中国の若者たちを描く。主人公たちは軍人を慰問したり鼓舞する役割を持つ文工団の若き男女。

「女帝エンペラー」(06)や「戦場のレクイエム」(07)「唐山大地震」(10)などの作品で世界の映画祭でも評価されるフォン・シャオガン監督が自らが分工団にいた時の思い出を基に作り上げた。

瑞々しい青春描写と時代に翻弄されながらも必死に生きる主人公たちに胸を打たれる感動作。

4月12日より、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町他で公開予定。

映画『芳華(ほうか)-Youth-』公式サイト

愛がなんだ

愛がなんだ

2019年4月19日より全国にて公開

2019年/日本/123分

more

あらすじ

28 歳のテルコはマモル(マモちゃん)に一目惚れした5ヶ月前から、生活はすべてマモちゃんを中心に動いている。仕事中でも、真夜中でも、マモちゃんからの電話が常に最優先。仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモちゃんがいてくれるならテルコはこの上なく幸せなのだ。けれど、マモちゃんにとっては、テルコはただ都合のいい女でしかなかった。マモちゃんは、さっきまで機嫌良く笑っていたのに、ちょっと踏み込もうとすると、突然拒絶する。今の関係を保つことに必死なテルコは自分からは一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えられない。
ある日、朝方まで飲んでマモちゃん家にお泊まりしたことから、2人は急接近。恋人に昇格できる!と有頂天になったテルコは、頼まれてもいないのに家事やお世話に勤しみ、その結果、マモちゃんからの連絡が突然途絶えてしまう…。
それから3ヶ月が経ったころ、マモちゃんからひょっこり電話がかかってくる。会いにいくと、マモちゃんの隣には年上の女性、すみれさんがいた…。

出典元:https://filmarks.com/movies/79781

『サッドティー』『知らない、ふたり』『パンとバスと2度目のハツコイ』などで知られる甘くない恋愛映画の名手今泉力哉の最新作。

都合がいい女と利用されていると気づきながらも不毛な恋愛を止められないアラサー女子とだらしないイケメンの苦いラブストーリー。

最近話題作に出続けている成田凌と朝の連続テレビ小説「まんぷく」で26歳ながら14歳の役を演じて話題になった岸井ゆきのが主演。

その他、深川麻衣、若葉竜也など注目の若手俳優が集まる。


4月19日からテアトル新宿、シネクイント、もうすぐ閉館になる有楽町スバル座他で公開予定。

ちなみに4月11日19時からキネカ大森で「~不毛な恋愛をしている女子限定先行有料試写会~」と題して女子限定の先行上映があるので、自分で不毛な恋愛をしていると思う女性はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

映画『愛がなんだ』公式サイト

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/8/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ かわいい かっこいい きれい 最強のふたり ホラー セクシー 編集部選(おすすめ映画特集) アメコミ

Pick Upピックアップ