映画board

【問題作】『グリーンブック』だけじゃない!!黒人差別を描いた6本の映画

『グリーンブック』は美化されすぎ?一部で批判される理由とは

グリーンブック

グリーンブック

2018年/アメリカ/130分

作品情報 / レビューはこちら

2019年3月1日から日本でも公開されている映画『グリーンブック』。実話を基にした本作は、黒人のピアニストと白人の運転手がアメリカ南部でコンサートツアーをするという物語が展開される。

コミカルな語り口でありながらも1960年代当時のアメリカにおける黒人差別の実態にも触れている点が評価され、第91回アカデミー賞では作品賞をはじめとする3部門に輝いている。

しかしその一方で、批判的な意見が一部で見られるのも事実だ。

やはり黒人問題を扱い、同年のアカデミー賞にノミネートされた『ブラック・クランズマン』のスパイク・リー監督が、『グリーンブック』受賞を知るや否や授賞式会場から立ち去ろうとしたと、ハリウッド・リポーター誌などが報じている。

ロサンゼルス・タイムズでは「『クラッシュ』以降、最低のアカデミー賞作品賞だ」とすら書かれているのだ。

その理由として、この映画におけるヴィゴ・モーテンセン演じる白人のドライバー、トニーが黒人であるピアニストのシャーリーを救う存在(白人の救世主)として描かれていること、トニー自身が抱く黒人に対する偏見が許されてしまっていること、そして実話に比べて美談として仕上がり過ぎている点などが考えられている。

まだまだ根が深い黒人差別を描いた「問題作」を6本紹介

筆者はこの映画を見て感動した一人だ。アカデミー賞を受賞するのも納得できることだと思っている。

しかし、確かにちょっと甘く仕上がり過ぎた気がしないでもない。実際、400年以上に渡って黒人が受けてきた差別と暴力の歴史は、より怒りのこもったものだったに違いないのだ。

実は、黒人問題を痛烈に描き、論争を巻き起こした映画は意外とある。そこで今回は、『グリーンブック』をきっかけに黒人問題に関心を持った人たちが、より考えさせられる映画をいくつか紹介したいと思う。

1. アメリカ南部で奴隷農場を営む一家の破滅を描いた大問題作 『マンディンゴ』(1975)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519VIjCL3SL.jpg

マンディンゴ

マンディンゴ

1975年/アメリカ/127分

作品情報 / レビューはこちら

19世紀半ばのルイジアナ州。マクスウェル一族は綿花や農作物、そして黒人奴隷を「飼育」する富裕な農家だ。

息子であるハモンドは従姉妹のブランチと結婚するが、彼女が処女ではなかったことに腹を立て、黒人女性のエレンに愛を注ぐ。一方、ブランチはハモンドが所有するマンディンゴ(黒人奴隷の優良種)と関係を持つように。やがて、エレンとブランチはそれぞれ子供を身ごもるが……。

『トラ・トラ・トラ!』や『ソイレント・グリーン』で知られるリチャード・フライシャー監督が、奴隷牧場を経営する一家の異様な愛憎とその顛末を描いた問題作。上のあらすじでもわかるように、とにかく登場する白人が徹底的に人間のクズとして描かれており、かなり賛否わかれる内容となっている。

リウマチを治すために奴隷の子供の腹に足を乗せる、売春用の女奴隷から体臭を取るために薬品の入った風呂に浸ける、未亡人の慰み者として男の奴隷が売りに出されるなど異様な描写が多く、今ではまず製作できないだろう。

その過激で暴力的な作風から「興味本位で作られたB級映画なのではないか?」という批判が今なお根強く残る本作。しかし、南北戦争で奴隷が解放される前のアメリカ南部でこのような残虐な日常があったという事実から、目を背けてはならない。

2. アフリカから送られてきた黒人奴隷を追ったフェイクドキュメント 『ヤコペッティの残酷大陸』(1971)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51idzQ0iEDL.jpg

『マンディンゴ』で描かれる黒人奴隷は、どのようにしてアメリカにやってくるのか。『マンディンゴ』の4年前に作られた本作を見れば、それがわかるだろう。

本作は、『世界残酷物語』といった「モンド映画」と呼ばれる一連のドキュメンタリー映画を手掛けたイタリアのグァルティエロ・ヤコペッティ監督が手掛けた、初の劇映画。しかし、「イタリアから19世紀のアメリカに渡った記者が取材する」という体裁のフェイクドキュメンタリーの要素がある点が異色といえるだろう。出演者もほぼ無名でスターが全く登場しないのも特徴だ。

描かれるのは、アフリカから運ばれてきた奴隷たちの行く末。彼らはまず消毒された後に内陸に運び出され、市場で売買され、農場で繁殖され、逃げ出せば狩られる。

彼らには当然のように人権がなく獣同然の扱いを受けているにもかかわらず、その売買の仲介をするのは神父という驚愕の場面も。

目を覆いたくなるような情景がひたすら繰り返されるが、ヤコペッティはこれらが「歴史的な事実」だと語っている。アメリカ人ではない彼だからこそ、アメリカのタブーを描けたのかもしれない。

ちなみに、リズ・オルトラーニによる印象的なスコアは40年後、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ドライブ』でも使用されている。

3. 黒人だけを襲う白い犬に、黒人の調教師が挑む! 『ホワイト・ドッグ』(1982)

ホワイト・ドッグ

ホワイト・ドッグ

1982年/アメリカ/90分

作品情報 / レビューはこちら

若手女優のジュリーはある晩、運転中に白いシェパード犬を轢いてしまう。犬の手当を済ませ、自宅で飼い始めるジュリー。しかし、その犬は差別主義者によって黒人だけを襲うように調教されていた「ホワイト・ドッグ」だった。

次々に黒人を襲う犬に悩まされたジュリーは、犬を調教し直すことを決意。連れて行った調教施設で「ホワイト・ドッグ」に挑むのは、黒人の調教師キーズだった・・・・・・。

1980年代になり、公民権法が制定されてもなお残り続ける人種差別を、かつて実際に存在したという「ホワイト・ドッグ」をモチーフに描いた、異色のサスペンス。監督は、近年再評価が進む巨匠サミュエル・フラー。

自らのアイデンティティをかけて白い犬に挑む黒人の調教師の忍耐強い死闘を力強く描き上げており、見ごたえ満点。身近に存在する犬がここまで怖く見える映画もそうないが、やはり一番怖いのは、その犬を調教した人間に他ならない。

果たして、犬の元の飼い主はどのような人物だったのか。そして、そのあまりに衝撃的なラストには言葉を失うだろう。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : さらなる問題作が登場!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

Szatt

監督志望のライター。観た映画はまだまだたったの1400本だよ。 好きなものはフィル...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ