映画board

トムホもまだ観たりない!オープニングNo.1『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』インタビュー映像

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がついに1月7日(金)に公開を迎え、日本でも早くもその熱狂が映画界を席巻している!

週末土日2日間(1月8日~9日)で動員583,916人、興行収入905,036,630円となり、動員・興収ともにコロナ禍における洋画邦画含む実写映画として圧倒的No.1の大ヒットスタートを切った!公開初日1月7日(金)から1月10日(祝・月)までの4日間の累計成績は、動員1,115,937人、興収1,691,681,940円となり、早くも動員100万人を突破!
また、全米でも公開4週目となった今週末(1月7日~9日)もNo.1を継続!全米における累計興行収入は6億6835万6116ドル(約769億円)となり、『タイタニック』を抜いて全米累計興行収入の歴代6位に。

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

さらに、1月9日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入8億6750万ドル(約998億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は15億3585万6116ドル(約1766億円)となり、『アベンジャーズ』を抜いて全世界累計興行収入の歴代8位に浮上。
全米におけるオープニング3日間の興行成績が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位でスタートした本作は、公開からわずか4週間にして映画界の歴史に残る驚異的な快進撃を続けている。

全世界で熱狂を巻き起こしている本作について、スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドのインタビュー映像も到着!

ドクター・ストレンジの危険な呪文によってマルチバースの扉を開いてしまった本作は、呼び寄せられた歴代ヴィランたちとの行方が注目されているが、トムは「これまではスパイダー“ボーイ”だった。この映画では決断力のあるスパイダー“マン”になり、アベンジャーズの一員として立ち上がる。シリーズを通じて着実に成長しているんだ」と一人の人間としてのピーターの成長が描かれていることも本作の魅力だと語る。

その成長物語が、日本でも多くの観客の心を打っているだけでなく、二重三重と幾重にも張り巡らされている重厚なストーリー、過去のシリーズへのリスペクトも満載のノスタルジックさなど、まさに“すべての映画への賛歌”とまで言われる本作について、トム自身も「僕は出演しているし、2回見たけどまだ観足りてない」と語るほど、何度見ても新たな発見があるに違いない。

これまでも公開されるたびに毎回社会現象を巻き起こしてきた「スパイダーマン」シリーズ。
ついに<最終章>となる本作は何回見ても前代未聞の体験ができること間違いなし!ぜひとも映画館で驚異的な歴史の目撃者となってほしい!


『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
大ヒット公開中

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説33選(2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

KanaKo

映画・海外ドラマライター 時にインタビューや記者会見といったイベントの取材も...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス かわいい おすすめ映画まとめ アクション ドラマ アニメ イラスト

Pick Upピックアップ