映画board

Birthday!

Cocco

仁義なき戦い、世界の北野......。年末年始に見る日本ヤクザ映画の世界!

■ 東映任侠映画

『明治侠客伝 三代目襲名』(1965)

舞台は大阪。木屋辰二代目(嵐寛寿郎)が何者かに刺され、重傷を追う。刺客をしむけたのは、縄張りを牛耳ろうと目論む星野軍次郎(大木実)だった。木屋辰の命運を握る菊地浅次郎(鶴田浩二)は、星野の横暴を見過ごし、耐えに耐えていたのだが......。


東映任侠映画を一本挙げるなら、迷わずこれ。本作は、任侠映画はジャンルの枠をこえた日本映画を代表する名作として記憶されている。監督は、『沓掛時次郎 遊侠一匹』(1966)などの巨匠・加藤泰。加藤監督らしいダイナミックな画面作りが素晴らしい。普段は柔和な感じの鶴田浩二が恐るべき情念をほとばしらせるラストの切り込み場面を見逃すな。

『仁義なき戦い』(1971)

舞台は敗戦直後の広島・呉市。復員してきた広能(菅原文太)は、暴漢射殺によって刑務所に収監されるが、そこで地場のやくざ土居組の若頭・若杉(梅宮辰夫)と兄弟分となる。釈放後、実業家出身のやくざ山守組の組員となるが、敵対する土居組の組長を暗殺したことから厄介者扱いされるのようになるのだった。

戦後直後に起きた「広島抗争事件」の渦中のひとり美能組元組長の獄中記をもとにした飯干晃一によるノンフィクションを原作に、日本映画界の巨匠深作欣二監督が映画化。製作の東映は1960年代の任侠映画から、現代やくざ社会のリアルな実態をえぐり出す実録ものに切り替えた。

【完全保存版】感動で泣けるおすすめ映画ランキング TOP30【2021年】
次のページ : 世界の北野が描くバイオレンス

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

加賀谷健

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス イラスト ドラマ ラブロマンス ホラー かわいい

Pick Upピックアップ