映画board

映画『塔の上のラプンツェル』で印象に残るシーンまとめ【ネタバレあり】

ラプンツェルは、これまでのディズニーを覆した映画?

『塔の上のラプンツェル(2010年)』は、ディズニーにとって挑戦的な映画でした。主人公のラプンツェルと冒険をするのは盗人のフリン・ライダー。盗人のキャラが主人公の恋の相手になるのは、ディズニーにとっては初の試み。

これまでのクラシックなディズニーストーリーは、王子様がお姫様を助けに来ました。『塔の上のラプンツェル』はフリンがきっかけになって、自分で道を切り拓くラプンツェル。これまでの典型的なプリンセスストーリーを覆しました。それでは、ラプンツェルの楽しい&悲しくも印象に残るシーンを見ていきましょう。

楽しい:フリンの語り

映画は「むかしむかし」とフリン・ライダーの語りから始まります。ラプンツェルの金色の髪と魔法の花の歴史を説明します。彼のユーモア溢れる語り口調がおもしろいので、取っ掛かりやすいです。

悲しい:フリンが刺される

物語がクライマックスに進んでいくと、重苦しい雰囲気になります。フリンは白馬の王子様になってラプンツェルを救うはずが、ゴーテルに刺されてしまうのです。ゴーテルの欲深さや執着心があのような行動になったのは現実的。ラプンツェルにとっても、観ている私たちにとっても衝撃が大きいシーンだったはず。

楽しい:酒場で歌って踊る

酒場「スナッグリー・ダックリング」は悪党たちのたまり場。フリンはラプンツェルを少し煩わしく思っていたので、悪党たちに会わせて塔に帰そうと目論んでいました。

ラプンツェルも最初は悪党たちに戸惑いましたが、ランタンを見たい夢を彼らに話します。そうして皆で歌って踊って、最後は悪党たちと仲良くなりました。あの歌は一度聞くと頭から離れず、口ずさんでしまいます。ラプンツェルの純真さ、優しさ、明るさが彼らの心に光を灯したのかもしれません。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説33選(2021年版)
次のページ : 大人が見るとダークな部分?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

Mai

カナダ在住ライター。気になる海外セレブまとめやドラマや映画トリビアについて執筆。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/12/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ 邦画 アクション イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング かわいい

Pick Upピックアップ