映画board

生田斗真はいくつになっても根っこのところで変わらないと『土竜の唄 FINAL』三池崇史監督が語る

<作品概要>

三池崇史監督がメガホンを取り、脚本を宮藤官九郎が担い、生田斗真が潜入捜査官、菊川玲二を演じる「土竜の唄」シリーズ3作目。
原作は高橋のぼるのシリーズ累計発行部数950万部突破の人気同名コミック。(週刊ビッグコミックスピリッツ連載)。
1作目『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』(2014年)は21億9000万円、2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016年)は14億3000万円を記録した。

<あらすじ>

警察学校創立以来、最低の成績で卒業。始末書枚数、ぶっちぎりのワーストワン。
ちょっぴりスケベだがまっすぐで熱すぎる警察官・菊川玲二がある日突然、潜入捜査官“モグラ”に任命され、日本最凶のヤクザの組織に潜り、トップの轟周宝を挙げる事を命じられる。
潜るところまで潜った玲二の最後の任務は、過去最大級の取引6000億円の麻薬密輸阻止。最大のヤマ場の舞台は、“海上の楽園”こと超豪華客船。そこに現れた最強にして最凶の敵・ラスボスの轟 周宝の長男、烈雄。
謎のフェロモン美女・沙門にハメられ、恋人・純奈との愛の修羅場も訪れ、モグラ史上最悪の危機が襲うなか、果たして玲二は轟周宝をブタ箱に入れ、“キング オブ 土竜”となることができるのか。そして、魂の兄弟、不死蝶・パピヨンとの関係はどうなるのか。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 自分の責任で取り組み、決して人のせいにしない生田斗真

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  14枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス イラスト ドラマ ラブロマンス ホラー かわいい

Pick Upピックアップ