映画board

ニコラス・ホルト出演おすすめ映画8選!子役出身の知的イケメン俳優に注目!

ニコラス・ホルト出演おすすめ映画8選

6歳で俳優デビューし、2002年の『アバウト・ア・ボーイ』で一躍有名なって、20代も数々の傑作・良作に出続けてきた若き名優ニコラス・ホルト。

天才作家の役も2回演じている知的な魅力、毎回別人のような顔を見せる演技力、これからのキャリアも楽しみな彼の現時点での代表作をご紹介します。

アバウト・ア・ボーイ

アバウト・ア・ボーイ

アバウト・ア・ボーイ

2002年/アメリカ/102分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
ノース・ロンドンに住む38歳のウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、亡き父がヒットさせたクリスマス・ソングの印税のおかげで仕事をせずに暮らしている。そんな彼は頑なに独身主義を貫いていたが、シングル・マザーをナンパしようとして知り合った、学校でいじめられている12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)に頼られるようになる。やがてマーカスと同じ学校の12歳の息子を持つシングル・マザー、レイチェル(レイチェル・ワイズ)に恋してしまったウィルは、彼女の勘違いに合わせ、マーカスを息子として扱うことに。

出典元:https://eiga-board.com/movies/32819

ラブコメの帝王と呼ばれたヒュー・グラントがオッサンになりかけの時期に新境地を見せた軽妙なヒューマンコメディの名作。

親父の印税でろくに働かずに生きてきたちゃらんぽらんで自己中心的なモテ男が、シングルマザーとその息子との触れ合いを通して成長していくさまが感動的。

ニコラス・ホルトは本作の少年マーカス役で見事な演技を見せ、一躍注目されることになった。圧倒的なかわいらしさがありつつも、どこか拗らせて世界を斜めに見ているような雰囲気はのちの独特な存在感も予見させる。

彼がクライマックスで見せる”歌唱シーン”とそこからの主人公の行動は本作最大の感動ポイント。

シングルマン

シングルマン

シングルマン

2009年/アメリカ/101分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
1962年11月30日。今日も新しい朝がやって来た。しかし、この8ヶ月間、ジョージ(コリン・ファース)にとって目覚めは、愛する者の不在を確認する苦痛に満ちた時間でしかなかった。16年間共に暮らしたジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなって以来、ジョージの悲しみは癒えるどころか、日に日に深くなっていた。だが、彼は自らの手でこの悲しみを終わらせようと決意する。LAの大学で英文学を教えている内省的でシニカルなジョージと、輝くような生命力とユーモアに満ち溢れた建築家のジム。正反対の性格に惹かれ合い、固い絆を結んだ最愛のパートナーのもとへと今日、旅立つのだ。大学のデスクを片付け、銀行の貸金庫の中身をカラにし、新しい銃弾を購入。着々と準備を進めるジョージであったが、一方で、今日が最後の日だと思って世界を眺めると、些細なことが少しずつ違って見えてくる。最後の授業ではいつになく自らの信条を熱く語り、講義に触発された教え子ケニー(ニコラス・ホルト)が、学校の外で話したいと追いかけてくる。彼の誘いを断って銀行に行くと、いつも騒がしい隣家の少女と偶然出会う。ジョージは少女の可憐さに始めて気付き、彼女との正直な会話に喜びさえ感じるのだった。だが、帰宅したジョージは、遺書、保険証書、各種のカギ、「ネクタイはウインザーノットで」のメモを添えた死装束……全てを几帳面にテーブルに並べる。そして銃、とその時、かつての恋人で今は親友のチャーリー(ジュリアン・ムーア)から電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守って彼女の家を訪れる。夫と子供に去られて孤独な彼女の身勝手な言動に振り回されながらも、未熟で奔放だった青春時代を共にロンドンで過ごした彼女と心から笑い合うジョージ。そして、一日の終わりには、彼の決意を見抜いていたケニーの思いがけない行動にジョージは心を揺さぶられる……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/41191

天才ファッションデザイナーのトム・フォードの映画監督デビュー作にして、独自の美意識がバリバリに反映された名作。

死を覚悟した初老の芸の大学教授が、教え子の美青年と思いがけない一日を過ごすさまを美しい映像でつづっていく。

恋人を失ったゲイの主人公が、人生最後の1日に出会う死の天使のような美青年を演じたニコラス・ホルト。

ほとんど非現実的な美しさと儚さを体現しており、彼とコリン・ファースが同じ画面にいる芸術的なショットだけでずっと見られてしまう。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : ニコラス・ホルト出演おすすめ映画②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい イラスト ラブロマンス ホラー

Pick Upピックアップ