映画board

Birthday!

稲垣吾郎

菅田将暉、岡田将生ら天才の競演で現場にうねりが起きた『CUBE 一度入ったら、最後』清水康彦監督が語る

<作品概要>

1997年に公開された『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督初の公認リメイク版。
オリジナルは謎の立方体に閉じ込められた男女6人の脱出劇を斬新なアイデアとスタイリッシュな映像センスで描き、低予算ながら世界的ヒットを記録し、カルト的人気を誇る。
日本版は菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎が脱出を試みる男女6人を演じた。
監督は齊藤工プロデュース作『MANRIKI』、『その日、カレーライスができるまで』を手がけた映像クリエイターの清水康彦が務める。

<あらすじ>

目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だった。
そこに突然閉じ込められた男女6人。
エンジニアの後藤裕一(菅田将暉)、団体職員の甲斐麻子(杏)、フリーターの越智真司(岡田将生)、中学生の宇野千陽(田代輝)、整備士の井手寛(斎藤工)、会社役員の安東和正(吉田鋼太郎)。彼らには何の接点もつながりもない。
理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。
体力と精神力の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…。
恐怖と不信感の中、終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。
果たして彼らは無事に脱出することはできるのか?!

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 高校生の時に知ったオリジナル作品を自分の手でリメイクする

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  10枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/12/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ 邦画 アクション イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング かわいい

Pick Upピックアップ