映画board

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』2週連続、週末興収&動員No.1!全世界興収、早くも3億ドル突破!!

全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6年の時を経てシリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日(金)から全国で公開。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の国内での成績は、10月9・10日の土日2日間で、動員:188,396人、興収:290,180,360円、8日~10日の金土日3日間で動員:241,501人、興収:366,382,010円となり、累計では動員:917,168人、興収:1,330,955,870円となった。

この2週目の金土日3日間の過去作対比では、「007 スペクター」(最終29.5億)の103.4%、「007 スカイフォール」(最終27.2億)の109.9%とダニエルボンド・シリーズ最大のヒットである興収30億円超えに向かって確実に前進している。

© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

そしていよいよ北米で公開を迎えた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、週末のボックスオフィスで56,007,372ドル(※)をあげ第1位を飾った(うち13%はIMAX)。

この『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開と共に25%の観客が18ヶ月以上ぶりに映画館で映画を見たとのことで、幅広い層の観客が来ており、今後、最近の若年層向けの作品よりもよいホールドパターンが見られるのではないかという声があがり、長期興行に期待がもてる。作品の評価も観客のスコアは素晴らしく、CinemascoreはA-、Rotten Tomatoesは88%、IMDBProでは7.6/10となっている。メディアの評価も同様に高い数値をあげている。

海外興収は、ユニバーサルテリトリーで2億470万ドル、MGMテリトリーで5257万ドル、海外累計興収は2億5727万ドル。フランスでは、「007 スカイフォール」と同レベルの1010万ドルで公開第1位となり、コロナ禍で最高の公開週末成績を記録。全世界興収は3億1330万ドル。中国での公開は10月29日を予定している。
※全米・海外の成績は、2021年10月11日(月)BOX-OFFICE MOJO調べによる暫定数値となります。


『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』大ヒット公開中!!

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

KanaKo

映画・海外ドラマライター 時にインタビューや記者会見といったイベントの取材も...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ