映画board

「私は66作で161人殺した」ミステリ女王アガサ・クリスティおすすめ映画5選

「ミステリ女王」アガサ・クリスティ

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティは、1890年イギリスの裕福な中流家庭に生まれました。
1920年に「スタイルズ荘の怪事件」で小説家デビュー。
その後、「アクロイド殺し」(1926)、「オリエント急行の殺人」(1934)、「ABC殺人事件」(1936)、「そして誰もいなくなった」(1939)など、次々とヒット作を連発。
エルキュール・ポアロをはじめ、ミス・マープル、トミー&タペンスなど、個性的かつ魅力的な名探偵を世に送り出してきました。

私生活では、1914年にアーチボルド・クリスティと結婚。
一人娘ロザリンドをもうけますが、夫の浮気が発覚し、夫婦生活は破綻。
1926年、世間を大いに騒がせた謎の失踪事件を経て、1928年に離婚。
その2年後、14歳年下の考古学者マックス・マローワンと再婚しました。

そんな彼女の十八番は毒殺。
第一次大戦中、薬剤師の助手として働いた経験から、薬の知識に精通していたクリスティ。
長編66作の全被害者161人のうち、約4割が毒による死を遂げています。

子どもにおすすめの海外映画212選!楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】
次のページ : 名探偵エルキュール・ポアロ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

市松明

左手でうさぎをなでながら、右手で記事を書いています。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/30 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ホラー おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス カメラを止めるな! バイオハザード スパイ・ゲーム(2001) ヴァージン・スーサイズ コットンクラブ

Pick Upピックアップ