映画board

オスカー・アイザックが出演するおすすめ映画まとめ!ブレイクまでの軌跡を辿れる15作品を紹介

オスカー・アイザックのプロフィール

VENICE, ITALY - SEPTEMBER 04, 2021: Oscar Issac arrives at the photocall for 'Scenes From A Marriage' during the 78th Venice International Film Festival in Venice, Italy. (Photo credit should read P. Lehman/Barcroft Media via Getty Images)

オスカー・アイザックは1979年3月9日生まれのグアテマラ出身の俳優です。フロリダ州マイアミで育ったオスカー・アイザックは音楽院を卒業すると、本格的に俳優活動を開始。脇役を務めることが多い中で、2007年に公開された『ワールド・オブ・ライズ』ではレオナルド・ディカプリオとの共演で注目を集めました。

その後もリドリー・スコット監督の『ロビン・フッド』(10) や、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ドライヴ』(11)など、有名監督の作品にも出演することが増えていきます。

そして2013年にはコーエン兄弟監督作品『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で主演に抜擢。作中ではギター演奏と歌を披露し、ゴールデングローブ賞主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にもノミネートされました。

『スター・ウォーズ』新シリーズでレギュラー出演を果たしたオスカー・アイザック!

LONDON, ENGLAND - DECEMBER 16: John Boyega and Oscar Isaac attend the European Premiere of "Star Wars: The Force Awakens" at Leicester Square on December 16, 2015 in London, England. (Photo by Anthony Harvey/Getty Images)

2015年には『スター・ウォーズ』シリーズの第7作にあたる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演。レジスタンスのなかでも名パイロットとして活躍するポー・ダメロン役を演じて大きな人気を獲得。作中ではジョン・ボイエガ演じるフィンとのバディも印象的でした。

その後も続く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)にもレギュラー出演しています!

オスカー・アイザックが映画版「メタルギア ソリッド」に出演!

VENICE, ITALY - SEPTEMBER 04: Oscar Isaac attends the red carpet of the movie "Competencia Oficial" during the 78th Venice International Film Festival on September 04, 2021 in Venice, Italy. (Photo by Primo Barol/Anadolu Agency via Getty Images)

日本でも大人気のテレビゲーム「メタルギア ソリッド」の映画化が決まり、その主人公ソリッド・スネーク役にオスカー・アイザックが起用されました。

監督は『キングコング: 髑髏島の巨神』(17)のジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が務め、2021年10月時点であらすじや他のキャストについてはまだ明らかになっていません。オスカー・アイザック自身も「メタルギア ソリッド」のファンであると公言しており、自分がキャスティングされる以前からスネーク役を演じたいと熱望していたとか。

オスカー・アイザックが出演するおすすめ映画No.1『ドライヴ』(11)

天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、昼は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手というふたつの顔を持っていた。家族も友人もいない孤独なドライバーは、ある晩、同じアパートに暮らすアイリーン(キャリー・マリガン)と偶然エレベーターで乗り合わせ、一目で恋に落ちる。不器用ながらも次第に距離を縮めていくふたりだったが、ある日、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が服役を終え戻ってくる。その後、本心から更生を誓う夫を見たアイリーンは、ドライバーに心を残しながらも家族を守る選択をするのだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/42821

ドライヴ(2011)

ドライヴ(2011)

2011年/アメリカ/100分

作品情報 / レビューはこちら

ニコラス・ウィンディング・レフン監督がブレイクしたきっかけとなる作品『ドライヴ』に出演しているオスカー・アイザック。主演は『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが務めるほか、オスカー・アイザックが『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』でも共演するキャリー・マリガンも出演しています。昼はスタントドライバー、夜は強盗犯の逃走を手伝うドライバーとして生計を立てている寡黙な男をハードかつロマンチックに描いたクライム映画です。

オスカー・アイザックは主人公が恋をする女性・アイリーン(キャリー・マリガン)の夫・スタンダードを演じています。服役中ということもあり、ガサツな雰囲気のオスカー・アイザックが見られるおすすめ作品です。

おすすめ映画No.2『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(13)

まだマスコミもレコード会社も成長途上にあった1960年代。ニューヨークにあるグリニッチ・ヴィレッジのミュージック・シーンは活気に満ちていた。シンガー・ソングライターのルーウィン(オスカー・アイザック)はここのライブハウスで歌い続けているが、なかなか売れず、音楽で食べていくことを諦めようかとの思いが頭に浮かぶこともある。それでも友人たちの力を借りながら暮らす彼の1週間を綴る。

出典元:https://eiga-board.com/movies/73568

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

2013年/アメリカ/104分

作品情報 / レビューはこちら

1961年を舞台に、ひとりのフォークシンガーを描いたおすすめドラマ映画。第66回カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞するなど、様々な映画賞を獲得した作品です。実在したフォーク歌手デイヴ・ヴァン・ロンクの自伝から着想を得ており、売れないフォークシンガーとその周囲の人々とのかかわりを描きました。

オスカー・アイザックが主人公ルーウィン・デイヴィスを演じ、作中ではギター演奏と歌も披露するなど、音楽院に通っていたスキルをフル活用しています!監督は『ファーゴ』『ノーカントリー』のコーエン兄弟が担当し、共演にはキャリー・マリガンやジョン・グッドマンらが名を連ねています。

出演するおすすめ映画No.3『ギリシャに消えた嘘』(14)

1962年。ギリシャのアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダル・キーナー(オスカー・アイザック)は、パルテノン神殿を訪れた際、優雅な装いのアメリカ人夫婦、チェスター・マクファーランド(ヴィゴ・モーテンセン)と若く美しいその妻コレット(キルステン・ダンスト)と知り合う。コレットの依頼でガイドを引き受けたライダルは、夫妻と夕食を共にして、楽しいひと時を過ごす。その夜、夫妻の元へ1人の探偵が訪ねてくる。実はチェスターは、ニューヨークで裏社会の連中を相手に投資詐欺を働き、大金を奪って逃亡中だったのだ。

出典元:https://eiga-board.com/movies/81581

ギリシャに消えた嘘

ギリシャに消えた嘘

2014年/イギリス フランス アメリカ/96分

作品情報 / レビューはこちら

作家パトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」を実写化したサスペンス映画にオスカー・アイザックが出演。1662年のギリシャを舞台に、ある殺人現場を目撃してしまった詐欺師を熱演しました。

監督はオスカー・アイザックも出演した映画『ドライヴ』の脚本家でも知られるホセイン・アミニが担当し『グリーンブック』のビゴ・モーテンセン、『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』のキルステン・ダンストが共演しています。美しいギリシャ・アテネで繰り広げられるサスペンスフルな展開がおすすめの映画です。

おすすめ映画No.4『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』(14)

1981年、ニューヨーク。犯罪と暴力が氾濫するこの年。生き馬の目を抜くオイル業界で、移民のアベル(オスカー・アイザック)とその妻アナ(ジェシカ・チャステイン)は、クリーンなビジネスを信条にオイルカンパニーを築き上げた。だが、事業拡大のために土地購入の頭金として全財産を投入した直後、彼の成功を阻止しようとする何者かが積荷のオイルを強奪。さらに、脱税の嫌疑をかけられ、家族に脅威が訪れるなど、次々にトラブルが襲いかかる。悪い噂は一気に広まり、ついに銀行からも融資を断られ、信頼し合っていた夫婦間にも亀裂が生じてしまう。刻一刻と破産が迫る中、孤立無援でトラブル解決のために奔走するアベル。だがその期限までは、わずか30日しかなかった……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/82882

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

2014年/アメリカ/125分

作品情報 / レビューはこちら

オスカー・アイザックとジェシカ・チャステインが共演した重厚なドラマ映画。監督はオスカー・アイザックも出演しているNetflix映画『トリプル・フロンティア』を手掛けたJ・Cチャンダーが担当しています。

1981年、もっとも危険な時代ともいわれたニューヨークで石油会社を立ち上げ成功をつかもうとする主人公・アベルをオスカー・アイザックが熱演。その妻アンナをジェシカ・チャステインが演じました。理想を大切にしているアベルですが、現実の厳しさやライバル企業の容赦ない脅迫にさらされることで苦悩する姿を描いています。一味違うサクセスストーリーを観たい人におススメしたい作品です。

出演するおすすめ映画No.5『エクス・マキナ』(15)

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現すことのない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。人里離れたその地にヘリコプターで到着したケイレブだったが、彼を待っていたのは美しい女性型ロボット“エヴァ”(アリシア・ヴィキャンデル)であった。ケイレブは、彼女に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという興味深くも不可思議な実験に参加することになるのだが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/84838

エクス・マキナ

エクス・マキナ

2015年/イギリス/108分

作品情報 / レビューはこちら

『ザ・ビーチ』『わたしを離さないで』の脚本を執筆したことで知られるアレックス・ガーランドが初監督を務め、第88回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞したおすすめSF
映画。主人公を『ピーターラビット』シリーズのドーナル・グリーソン、AIを搭載した女性型ロボット・エヴァをアリシア・ビカンダーが熱演。オスカー・アイザックはエヴァの開発者であり、世界最大の検索エンジンを生み出した会社の社長・ネイサンを演じました。

ネイサンは人里離れた豪邸で暮らし、大統領ですら会うことが難しい人物であり、つかみどころのないやや不気味なキャラクターです。突如始まる謎のダンスを披露するオスカー・アイザックもマストで見てほしい作品です。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : オスカー・アイザックが出演するおすすめ映画No.6~10

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/29 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ミステリー・サスペンス 洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ