映画board

「東出昌大の圧倒的な孤独感でこの映画は勝ったと思った」『草の響き』斎藤久志監督インタビュー

 

『草の響き』

 

© 2021 HAKODATE CINEMA IRIS

 
10月8日(金)より新宿武蔵野館・ヒューマントラストシネマ有楽町/渋谷ほか全国順次公開
出演:東出昌大、奈緒、大東駿介、Kaya、林裕太、三根有葵
原作:佐藤泰志『草の響き』(『きみの鳥はうたえる』所収 / 河出文庫刊)
企画・製作・プロデュース:菅原和博
監督:斎藤久志
脚本:加瀬仁美
プロデューサー:鈴木ゆたか
配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
製作:有限会社アイリス
© 2021 HAKODATE CINEMA IRIS
 
 

 
 
概要:
数々の映画賞を受賞し話題を呼んだ『きみの鳥はうたえる』(18)に続き、佐藤泰志の小説の5度目の映画化であり、シネマアイリス企画・プロデュース作品としてもこれが5作目となる『草の響き』を監督するのは、『空の瞳とカタツムリ』(18)『なにもこわいことはない』(13)の斎藤久志。原作は、佐藤自身が自律神経失調症を患い、療法として始めたランニング経験をもとに書いた短編小説。1979年に発表された原作を現代に置き換え、光あふれる函館の風景をバックに映像化した本作は、心を病んだ男の変化と、夫婦が再び向き合うまでの静かな道程を綴る。心を病み、ランニングに没頭する主人公・和雄を演じたのは、『寝ても覚めても』(18)以来3年ぶりの主演作となる東出昌大。妻・純子役は、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(21)『マイ・ダディ』(21)など出演作が続く奈緒。和雄に寄り添う友人役で大東駿介、精神科医役で室井滋らが出演。

ストーリー:
工藤和雄(東出昌大)は、昔からの友人で今は高校の英語教師として働く佐久間研二(大東駿介)に連れられ、病院の精神科へやってくる。和雄は東京で出版社に勤めていたが、徐々に精神のバランスを崩し、妻の工藤純子(奈緒)と共に故郷の函館に帰ってきたばかりだった。精神科医の宇野(室井滋)と面談した和雄は、自律神経失調症だと診断され、運動療法として毎日ランニングをするように指示される…。
 
 

「草の響き」本予告編

 
 

【完全保存版】感動で泣けるおすすめ映画ランキング TOP30【2021年】
次のページ : 斎藤久志監督インタビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  15枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経てフリーライターに。様々な雑誌...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/12/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス 邦画 アクション おすすめ映画まとめ イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング ドラマ かわいい

Pick Upピックアップ