映画board

Birthday!

ケイト・モス

お笑い芸人がいい演技を見せているおすすめ映画10選!俳優には出せない味もある

犬猿

犬猿

犬猿

2018年/日本/103分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
地方都市の印刷会社で働く真面目で堅実なイケメンの金山和成(窪田正孝)は、友人の連帯保証人になった父親が作った借金をコツコツ返済しながら、老後のため月々わずかな貯金をしていた。地味な日々を過ごす彼のアパートに、ある日、強盗の罪で捕まった兄・卓司(新井浩文)が出所し転がり込んでくる。和成とは対照的に金遣いが荒く凶暴で、娑婆に出て早々にキャバクラで暴れたり、和成の留守中にデリヘル嬢を呼んだりと、やりたい放題の卓司。気性の激しい兄に頭を抱え密かに天敵だと思っていても、和成は卓司に何も言えずにいた。そんな和成に幾野由利亜(江上敬子)はほのかに恋心をいだいていた。由利亜は小さな印刷所を営んでおり、和成はそこに頻繁に仕事を依頼していた。由利亜は寝たきりの父親の介護をしながら親から引き継いだ会社をテキパキと切り盛りする優れた女性だが、太っていて見た目がよくない。そんな彼女の妹・真子(筧美和子)は姉とは対照的に顔やスタイルがよく、チャラチャラしている。印刷所の手伝いをする傍ら、時々グラビア撮影やイメージビデオに出演するなど芸能活動もし、取引先の男性にも人気がある。由利亜は仕事もできないくせにチヤホヤされる妹を天敵のように見ており、真子もまた節制できずに太る姉のことを小馬鹿にしていた。そんな中、卓司が始めた胡散臭い輸入業の仕事が成功、和成の心に複雑な気持ちが芽生えはじめる。さらに由利亜の気持ちをよそに和成と真子が付き合い始め、嫉妬した由利亜はストーカー化。また、一向にエロまがいのグラビアから卒業できず焦って枕営業に走った真子はラブホテルで卓司と鉢合わせし、事態は急変する。

出典元:https://eiga-board.com/movies/89139

気まずい人間ドラマ、片思いやコンプレックスを描かせたら最強の監督・吉田啓介が「兄弟・姉妹」をテーマにした意地の悪いヒューマンドラマ・コメディ。

真面目だけど要領が悪い弟と破天荒に生きていながらなんだかんだ成功してしまう兄、頭はよくてしっかり者だが太っていて用紙にコンプレックスのある姉と芸能人のはしくれで顔とスタイルはいいのだがどこか抜けていて性格も悪い妹、そんな2組が交差することでいたたまれないドラマが展開される。

ニッチェのボケ江上がコンプレックスを抱えた姉をパブリックイメージ通り、リアルかつコミカルに好演しており、ただイケてない女性というだけでなくしっかり者の人物像をしっかり体現していた。

主人公の一人としての明確なチャームもしっかりありつつ役柄としては説得力たっぷりという理想的なバランス。

いぬやしき

いぬやしき

いぬやしき

2018年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
58歳、定年間際のサラリーマン犬屋敷壱郎(木梨憲武)は、妻・万理江(濱田マリ)と高校生の娘・麻理(三吉彩花)、中学生の息子・剛史(福崎那由他)と暮している。家ではうだつの上がらない父親で、覇気もなく、実年齢より老けているので娘の友人からは“おじいちゃん”と勘違いされるほど。そんなある日、犬の散歩中に謎の事故に巻き込まれた犬屋敷が目を覚ますと、見た目は変わらないまま、身体の中が機械で出来たサイボーグになっていた。自分の身体が機械となったことを自覚した犬屋敷は、信じられないほどの破壊能力や生物を治癒する能力を手に入れたことに気づく。その能力を人助けに使うことで、自分の存在意義を見出すようになり、“生”を実感していく犬屋敷。一方、犬屋敷と同じく事故に巻き込まれ、同じ能力を手に入れた高校生・獅子神皓(佐藤健)は、悪事に手を染めていき、人の“死“を見ることによって自分の“生”を実感していくのだった。やがて、獅子神は自分に敵対する人間への攻撃を開始。そんな獅子神によって危機的状況に陥った日本を救うため、史上最弱の心優しきヒーロー犬屋敷が立ち上がる……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/87809

奥浩哉の同盟漫画を映画化した異色のSFアクション映画。

ジジイヒーローと高校生の悪役が戦う設定のユニークさを実写版でもしっかり再現したのが主演のとんねるず・木梨憲武と佐藤健。

木梨はバラエティの年齢よりはるかに若々しイメージを覆すしょぼくれ中年演技が絶品で、ガリガリぶりも役にはまっていた。

その反面アクションシーンでは持ち前の運動神経を発揮して佐藤健と渡り合う説得力もしっかりあり、ベストなバランスのキャスティングだったと思う。

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

2019年/日本/119分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
仙台駅前にある大型ビジョンを望むペデストリアンデッキに、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチを見る人が集まっていた。そんななか、街頭アンケートに立つマーケティングリサーチ会社勤務のサラリーマン・佐藤(三浦春馬)は、ふとギターの弾き語りを耳にする。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の女性・本間紗季(多部未華子)と目が合った佐藤は思い切って声をかけると、アンケートに協力してくれる。紗季の手に書かれた“シャンプー”の文字を思わず佐藤が声に出すと、紗季は微笑む。元々劇的な“出会い”を待つだけの佐藤に、大学時代からの友人で、同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている織田一真(矢本悠馬)は上から目線で出会いの極意を説く。佐藤は職場の上司である藤間(原田泰造)にも出会いについて相談するが、妻と娘に出て行かれたばかりの藤間は途方に暮れていた。一方、佐藤と同じく出会いのない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に惹かれていた。10年後、高校生になった織田家の長女・美緒(恒松祐里)は、同級生の和人(萩原利久)や亜美子(八木優希)と一緒に変わらない日々を過ごしている。佐藤は付き合い始めて10年になる紗季にプロポーズするが……。そして美奈子の恋や、藤間の人生は……?

出典元:https://eiga-board.com/movies/90165

伊坂幸太郎初の群像劇ラブストーリーを『愛がなんだ』の今泉力哉が映画化した優しい味わいの恋愛映画。

「運命の出会いよりも、その出会いの相手が”あなた”でよかったと思われるように日々を大切に生きよう」という地に足のついたメッセージをミスリーディングや時系列操作も交えつつ、コミカルに感動的に描いていく。

俳優としても一定の評価を確立しているネプチューンの原田泰造が、自身の日々の言動が原因で妻に出ていかれてしまうメインキャラの中年を哀愁たっぷりに演じており、リアルな情けないサラリーマン像とくたびれた色気、憎めない雰囲気を見事に体現。彼が妻との別れにどう折り合いをつけるのかは本作の中でも一番グッとくるのではないか。

決算!忠臣蔵

決算!忠臣蔵

決算!忠臣蔵

2019年/日本/125分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
元禄14(1701)年3月14日。江戸城・松の廊下。清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、賄賂まみれの吉良上野介の態度に腹を据えかね、斬りかかる。通常なら喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと内匠頭の即日切腹。突然、藩主を亡くし、お家断絶となった赤穂藩士たちは路頭に迷うことに。これはすなわち、江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということになる。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は嘆く間もなく、勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助。しかし、江戸の庶民は、赤穂浪士による吉良上野介への仇討を熱望していた。いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの空気感。それは現代も同じこと。ただ、そこで発覚した重大な事実。実は、討ち入りするにも、予算が必要だったのだ。その上限は9500万。討ち入るのか、討ち入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。とはいえ、世間の空気的に、仇討回避は許されない気配。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは予算内で、一大プロジェクト“仇討”を無事に決算することができるのか……!?

出典元:https://eiga-board.com/movies/91492

かの有名な赤穂浪士討ち入りの「忠臣蔵」を「吉良邸討ち入りまでいくらかかったのか」というリアルな予算シミュレーションの観点から描いた異色のコメディ時代劇。

堤真一が武士としての名誉と下からの突き上げで揺れる中間管理職の大石内蔵助をくたびれ感たっぷりに演じており、その幼馴染の勘定方・矢野をナイナイの岡村隆史が真面目な素のキャラクターを連想させる頑固な雰囲気で演じている。

藩士たちの行動をしかめ面で勘定していく堅物ぶりがハマっていて、それゆえに後半で彼が勘定とは別の人としての譲れない信条で行動を起こす場面は感動的。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 芸人がいい演技を見せているおすすめ映画③

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい イラスト ラブロマンス ホラー

Pick Upピックアップ