映画board

お笑い芸人がいい演技を見せているおすすめ映画10選!俳優には出せない味もある

ゆれる

ゆれる

ゆれる

2006年/日本/119分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
東京で写真家として成功した早川猛(オダギリ ジョー)は、母の一周忌で久しぶりに帰郷する。母の葬儀にも立ち会わず、父・勇(伊武雅刀)とも折り合いの悪い猛だが、温厚な兄の稔(香川照之)はそんな弟を気遣う。稔は父とガソリンスタンドを経営しており、兄弟の幼なじみの智恵子(真木よう子)もそこで働いていた。智恵子と再会した猛は、その晩、彼女と関係を持つ。翌日、兄弟と智恵子は近くにある渓谷へ向かい、稔のいないところで智恵子は、猛と一緒に東京へ行くと言い出す。智恵子の思いを受け止めかね、はぐらかそうとする猛だが、猛を追いかけて智恵子は吊り橋を渡る。河原の草花にカメラを向けていた猛が顔を上げると、吊り橋の上で稔と智恵子が揉み合っていた。そして智恵子は渓流へ落下する。捜査の末に事故死と決着がついたが、ある日、理不尽な客に逆上した稔は暴力をはたらき、連行された警察署で自分が智恵子を突き落としたと告白する。猛は東京で弁護士をしている伯父・修に弁護を依頼するが、公判を重ねるにつれ、稔はこれまでとは違う一面を見せていく。稔は、智恵子の死に罪悪感を抱いていたために「自分が殺した」と口走ってしまったと主張。その態度は裁判官の心証をよくし、公判は稔にとって有利に進む。しかし、稔が朴訥に語る事件のあらましは猛の記憶とは微妙に違っていた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/37625

西川美和監督の名声を一気に高めた胃がキリキリするような兄弟のサスペンス。

オダギリジョー演じる女にモテモテの才気あふれるカメラマンの弟と田舎に残って実家のガソリンスタンドを手伝っているさえない兄という恐ろしい対比がいろんな人のコンプレックスを刺激し、それぞれに感情移入したり嫌悪感を抱いたりとまさしく心が揺れまくりの映画だ。

本作で事件の裁判の検察官を演じたキム兄こと木村祐一の嫌な感じの演技が絶品で、あくまで淡々と仕事の一環で兄を追い詰めつつ、無意識かわざとかいたいところをグサグサ刺していくさまがより映画全体のいたたまれなさを増幅させている。

ディア・ドクター

ディア・ドクター

ディア・ドクター

2009年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
八月下旬。山あいの小さな村から村の唯一の医師・伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪した。伊野は数年前、長く無医村だったこの地に着任し、様々な病を一手に引き受けて村人たちから絶大な信頼を受けていた。すぐにベテラン刑事二人が捜査を進めるが、伊野の生い立ちを知る者は村の中に一人もいなかった……。遡ること約2ヶ月前。東京の医大を出たばかりの相馬(瑛太)が研修医として赴任してくる。看護師の大竹(余貴美子)と一緒に診療所を切り回しているのは伊野という中年医師。最初は慣れない僻地医療のやり方に困惑していた相馬だったが、伊野と共に働くうち次第に都会では味わったことのない充実感を覚え始める。そんなある日、鳥飼かづ子(八千草薫)という未亡人が倒れ、伊野が診療する。胃痛持ちの彼女は長らく診療所を避けてきたが、都会で医師として勤務する末娘・りつ子(井川遥)の手を煩わせたくないがため、次第に伊野に心を開いていった。八月中旬。伊野は夜になると診療所を抜け出し、点滴を持ってかづ子の家を訪れるようになっていた。ある晩、玄関で伊野を見送ったかづ子はひどい吐き気でうずくまってしまう。駆け戻って背中をさする伊野に、かづ子は娘が来るので何とかしてほしいと必死に訴えた。八月下旬。帰省しているりつ子が診療所を訪ねてきた。胃潰瘍にしては症状が長引きすぎではないか、と問い質すりつ子に伊野は懸命な説明を試みる。やがて自分なりに納得した彼女は非礼を詫び、来年の今頃まで帰ってこられないので、母をお願いしますと頭を下げた。すると伊野は突然、原付バイクに飛び乗って診療所を後にし、そのまま彼は二度と戻らなかった……。九月初旬。刑事たちは、まだ伊野の消息を追っている。診療所は閉鎖、相馬も次の赴任先へと去っていった。かづ子は、りつ子が勤める病院に入院しているが、娘はまだ母親に本当の病名を告げられないでいる。その頃、伊野はある場所に向かっていた……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/40077

天才落語家にしてお茶の間の人気者・笑福亭鶴瓶が主演した西川美和監督の異色の医療ドラマ。

過疎地集落で無免許医が長年医師として住民を診ていたという実話をもとに、鶴瓶演じる偽医師と住民たちのふれあい、真相が明らかになってからの予想外な展開と法廷劇が繰り広げられる。

鶴瓶は自身のパーソナリティとそこまで遠くない人物像で、だれでも親しみやすい人のいいおっちゃんを演じつつ、たまにぞわっとするような深みを見せる佇まいで、数々の演技賞を受賞した。

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

2016年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変する。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿になっていた。謎の感染によって人々はZQN(ゾキュン)という生命体に変貌を遂げ、街に溢れ出す。日本中が感染パニックに陥るなか、標高の高いところでは感染しないという情報を頼りに、英雄は富士山に向かう。その道中で、女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・ヤブ(長澤まさみ)と出会った英雄は、彼女たちとともに生き残りをかけた極限のサバイバル挑む……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/84605

花沢健吾の同盟漫画を映画化した日本初の本格ゾンビ大作映画。

全体的に洗練された作りでゴア描写もゾンビ描写も容赦なく、最後には平凡な男が”ヒーロー”となる熱い展開も待ち受けている。

主人公の英雄は漫画家のアシスタントなのだが、序盤の徐々に日常にパンデミックが侵食、そして均衡が一気に崩れていく怒涛の展開の部分に出演している漫画家役のマキタスポーツとアシスタント仲間の塚地武雅の演技が見事。

人物像としていかにも「いそうだな~」というリアルさかつ、ゾンビになってしまった時の演技がちゃんと怖いうえにどこかコミカルさ、悲哀もあって、海外のアグレッシブなゾンビとはまた違う味わいがあって素晴らしかった。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 芸人がいい演技を見せているおすすめ映画②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/29 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 ミステリー・サスペンス アクション おすすめ映画まとめ スパイダーマン:ホームカミング ドラマ イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ