映画board

映画『燃えよ剣』 新選組を支えた土方歳三の鮮烈な生きざまを岡田准一が熱演する大迫力の時代劇大作!

岡田が生み出したリアルなアクションが激動の幕末史を彩る

©2021「燃えよ剣」製作委員会

少年期から最期までの歳三の生きさまやお雪との交流を中心に、新選組の興亡、討幕派と佐幕派の争いなどの歴史の流れも並行して描き、約2時間半の上映時間の映画にまとめてある。内容が濃いので長さは感じさせないが、原作をダイジェスト的に無理やりまとめたような忙しなさや消化不良感もない。監督の原田眞人が自ら脚本も執筆しているが、原作のキモを壊すことなく適度な長さにまとめているのはさすが。さらに、『金融腐蝕列島〔呪縛〕』(1999)、『突入せよ! あさま山荘事件』(2002)、リメイク版『日本のいちばん長い日』(2015)など、多くの登場人物が織り成すドラマをきちんと交通整理しつつ快調なテンポで分かりやすく描くという演出手法が今回も採られているのも、この映画のまとまりの良さの要因の一つだろう。
しかし、この映画の最大の魅力と言えるのが、アクション・シーンの迫力だろう。どこか“段取り”ぽさが漂っていた過去の時代劇での斬り合いとはまったく違う、まさしく“殺し合い”という表現がふさわしい、恐らくこれが「リアルな斬り合い」なんだろうと思わせる(本物の斬り合いを見たことがないので)殺気すら漂う迫力に満ちたものだ。これに多大な貢献をしたのが、他でもない主演の岡田だ。「格闘技オタク」を自認するほどで、ジークンドーなどのインストラクターの資格を持つ彼は、最近でも『ザ・ファブル』シリーズ(2019~)などで自らアクションをこなしている上に、一部で「アクション振付師」も務めている。本作でも同様に、共演者たちへの殺陣の指導まで行なったという。歳三を演じることが長年の夢だったという岡田だが、戦いに明け暮れる激しさと平穏な生活を夢見る穏やかさを兼ね備えた歳三は、俳優としても演じ甲斐があるキャラクターであり、そこへ岡田自身のアクション・スキルを存分に活用できるからだったのだろう。
時代劇にも数多く出演している岡田だが、中でもNHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』は、ジャニーズ・タレントに疎い世代にまで彼の知名度を高めることになった。その2年後の『おんな城主 直虎』の柴咲、その翌年の『西郷どん』の鈴木。大河ドラマの主演経験者が3人も本作の主要キャラに扮していることも話題になっているが、これも幅広い層にこの映画をアピールする手段としては非常に効果的だろう。優しさと激しさを併せ持つお雪は柴咲にピッタリだし、朴訥ながらカリスマ性もある近藤は鈴木のイメージそのもの。
加えて、穏やかながら芯の強さを持つ総司役の山田、粗暴で冷酷な芹沢を巧みに演じた伊藤をはじめ、徳川慶喜役の山田裕貴ら人気・実力ともに十分の俳優たちが揃った豪華キャストも圧倒的だ。

歴史小説の名作を、現代的な感覚を適度に織り込みながら完成度の高い大作時代劇として映画化した本作。岡田が全身全霊を傾けて熱演した歳三の生きざまそのもののような、見応えある映画だ。

PR | Paravi独占配信オリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』大人女子へ贈る恋愛の“処方箋”【ネタバレあり】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ