映画board

木村君は作品に取り組む姿勢が変わらず、いつも全力投球と『マスカレード・ナイト』鈴木雅之監督が語る

<作品概要>

“全てを疑う”潜入捜査官としてホテルのフロントに立つ刑事と“お客様を信じる”ことで最上の時間の提供を心掛けるホテルマンという相容れない2人がバディを組み、事件を未然に防ぐために奔走する。

原作は数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家、東野圭吾が描く「マスカレード」シリーズ第2弾。第一作である『マスカレード・ホテル』は2019年に実写映画化され、興行収入46.4億円の大ヒットを記録した。

破天荒な刑事・新田浩介を演じるのは木村拓哉。東野が「新田は木村を“あてがき”した」と語っているほどのはまり役である。

新田の相棒となる真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。『コンフィデンスマンJP』シリーズ、映画『MOTHER』、ミュージカル『フリムンシスターズ』とコメディからシリアスな役まで演じ分け、第44回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞も受賞した実力派女優。

メガホンを取ったのは前作に引き続き、鈴木雅之監督。ドラマ「ロングバケーション」、「HERO」シリーズで木村拓哉と組んでいる。

<あらすじ>

ある日、警察に届いた匿名の密告状。それは、数日前に都内マンションの一室で起きた不可解な殺人事件の犯人が、12月31日にホテル・コルテシア東京で開催される年越しカウントダウン・パーティー、通称「マスカレード・ナイト」に現れる、というものだった。大晦日当日、捜査本部に呼び出された警視庁捜査一課の破天荒な刑事・新田浩介(木村拓哉)は、かつての事件同様、潜入捜査のためホテルのフロントクラークとして働くハメに。優秀だがいささか真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)と事件解決にあたるが、パーティーへの参加者は500名、全員仮装し、その素顔を仮面で隠している。次から次へと正体不明の怪しい人間がホテルを訪れる状況に、二人はわずかな手がかりすら掴めずにいた...。刻一刻と迫り来るタイムリミット。増え続ける容疑者。犯人の狙いは?密告者とは?残されたわずかな時間で、新田と山岸は顔も姿もわからない殺人犯の「仮面」に隠された「真実」に辿り着くことができるのか?

【最新】死ぬまでに観たい!絶対おすすめの面白い洋画ランキング TOP46【2021年】
次のページ : 山岸がホテルマンとして一歩成長する姿を描く

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/12/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ 邦画 アクション イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング かわいい

Pick Upピックアップ