映画board

【Review】王道の概念を覆した全く新しい『シンデレラ』(2021)

「シンデレラ」と言えば、おそらく世界で最も有名な「おとぎ話」の一つであろう。
意地悪な継母によって育てられ、異母姉妹からは虐げられ、半ば雑用のようなことを日々こなしながら生きている女性を主人公に、彼女が王国の王子によって見初められ、幸せを手にする姿が描かれている。
シャルル・ペローによる『サンドリオン』やグリム兄弟による『灰かぶり姫』など、古くから存在する「おとぎ話」として、女性を中心に世界中で絶大な支持を集めてきた名作中の名作である。
そんな「シンデレラ」の物語は実にバリエーション豊かであり、物語の細部が少しずつ異なるものも多く存在する。
いわば「シンデレラ」とは誰もが知る物語でありながらも、書き手や作り手の個性を活かすことによって、ハッキリとそれぞれの‘‘色’’が現れる作品でもあるのだ。
そこで今回のAmazon Prime Video独占配信の映画『シンデレラ』である。
本作が観る者に与える衝撃には計り知れないものがあるのだが、一体どういったところが斬新なのだろうか?

デザイナーとしての成功を夢見るシンデレラが主人公

『シンデレラ』(2021)

(c)Amazon Studios Amazon Prime Videoで独占配信中

意地悪な継母と異母姉妹と共に暮らすエラ(カミラ・カベロ)は、一家の雑用をこなしながら、地下室にこもり、ドレスのデザイナーになるという大きな夢を抱えていた。
ある時、母の形見であるブローチを使った渾身のドレスが完成したエラは、市場で売ることを決意する。
しかし、男性ばかりの商売人の中で浮いてしまったエラは、市場を行き交う人々に見下されてしまう。
そんな中現れた一人の青年がエラの運命を大きく変えることになる。
彼こそが王国の王子であるロバート(ニコラス・ガリツィン)だった。
エラは舞踏会へと招かれるが、継母のヴィヴィアン(イディナ・メンゼル)は、エラに婚約者をすでに見つけていて・・・。

【完全保存版】感動で泣けるおすすめ映画ランキング TOP30【2021年】
次のページ : 「シンデレラ」の概念を覆した全く新しい作品

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/12/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス 邦画 アクション おすすめ映画まとめ イラスト ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング ドラマ かわいい

Pick Upピックアップ