映画board

『ジャングル・クルーズ』エミリー・ブラントの力強い演技が印象的な出演作3選

大ヒット劇場公開中&ディズニープラスで絶賛配信中のアドベンチャー映画『ジャングル・クルーズ』。
ディズニーランドの人気アトラクションを映像化した同作は、オンボロのクルーズ船‘‘ラ・キーラ号’’の船長であるフランク(ドウェイン・ジョンソン)と亡き父の汚名を晴らすため〈不老不死の花〉を探し求める植物博士リリー(エミリー・ブラント)の壮大な冒険の様子を映し出した作品である。
この夏もっともアツい映画である同作でリリー役を演じているのは、日本でも幅広い世代から厚い支持を集める実力派女優エミリー・ブラント。
これまでに『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)や『クワイエット・プレイス』(2018)、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018)など、多くの代表作で魅力的な演技を魅せてきたエミリーであるが、彼女の最大の武器と言えば、やはり力強い演技だ。
ここでは、実力派女優エミリー・ブラントの力強い演技が印象的な出演作を紹介しよう!

嫌味な同僚役で才能開花!『プラダを着た悪魔』(2006)

『プラダを着た悪魔』(2006)

https://www.imdb.com/title/tt0458352/mediaviewer/rm1431456768/?ref_=tt_ov_i

ローレン・ワイズバーガーによる小説を原作に、悪魔のような上司ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のもとで、ひたむきに働くアンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)の姿を描く。
本作でブレイクを果たした女優と言えば、主人公アンドレア役を演じたアン・ハサウェイの顔が頭に浮かぶと思うが、実は本作で有名になった女優はアンだけではない。
アンドレアの同僚で、ミランダのシニア・アシスタントを務めるエミリー・チャールトン役を演じたエミリー・ブラントのブレイクの足掛かりとなった作品でもあるのだ。

『プラダを着た悪魔』(2006)

https://www.imdb.com/title/tt0458352/mediaviewer/rm124164097?ref_=ttmi_mi_nm_pbl_18

観る者が自らを投影し、感情移入しやすい、ひたむきな主人公であるアンドレアに対して、エミリーというキャラクターはどちらかというと、最初は尖った印象を与えるキャラクターだ。
目つきが悪く、常に嫌味ばかりを言う彼女であるが、次第にアンドレアの助けにもなっていく存在。
その目つきの悪ささえも魅力的に映る愛嬌のある演技が功を奏し、主演のアン・ハサウェイに引けを取らない注目度を集めたエミリーは、その後、ハリウッドを代表する女優への道を歩み始めたのである。

【完全保存版】感動で泣けるおすすめ映画ランキング TOP30【2021年】
次のページ : トム・クルーズでさえ太刀打ちできない逞しさを醸し出す!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ イラスト アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ