映画board

【アカデミー賞最有力の英国版『大奥』】修羅場満載の三角関係『女王陛下のお気に入り』

満たされることのない女王の心

(C)2018 Twentieth Century Fox

巧みに駆け引きをこなし、徐々に善意の矛先を一つに絞っていくアビゲイルは、アンとサラの間に割って入り始めていく。
隠し続けてきた爪を露わにし、サラの地位を脅かす程の存在にまで登り詰める。
それはもう一種の才能や努力の結果と言っても過言ではないだろう。
計算したり逆算することで信頼を勝ち取り、人間関係を構築していくのも一つのやり方。
世の中綺麗事だけでは上手くいかないし、誰よりもその事実をぼく達は知っている。
だからこそ、一概にアビゲイルを悪女だとは言い切れない。
ただ、そう上手く事が運ばないのもまた人生。

(C)2018 Twentieth Century Fox

アン、サラ、アビゲイル。
きっとこの3人だからバランスが取れていた。
『大奥』ばりのドロドロを孕みながらも、三角関係が構築されていたからこそ帳尻が取れていた。
たとえアビゲイルがアンに100の善意を注ごうと、彼女が100の善意で満足できない人間であるのなら、その心は永遠に満たされることはない。
仮にアンの善意の受け皿が“1000”の容量を持っていたのだとしたら、全くもって足りていない。
サラからも80~90近い善意を注がれ2人分の善意を受け止めていたからこそ、アンの心はどうにか穏やかさを保っていた。
だが、たった200ぽっちの善意では満足できないため、その時々でコロコロと気分が変わり、常に不安定な状態が続いていた。
17人もの子を過去に亡くしたという彼女は、弔いのために17匹のウサギを飼っているのだが、当然ウサギでは心に空いた穴を埋められない。
一人の子どもを失った際に必要になる善意が“100”なのだとしたら、彼女は上乗せで“1700”もの善意を求めていたことになる。
当然、誰も彼女の心を善意で満たして上げることなどできやしない。

今年もやります!限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約スタート(PR)
次のページ : 「善意」が「悪意」に転じていく瞬間を垣間見る

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

ミヤザキタケル

長野県出身 WOWOW・sweet連載、文春オンライン・映画boardで記事執筆。 映画サイ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/30 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ホラー おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス カメラを止めるな! バイオハザード スパイ・ゲーム(2001) ヴァージン・スーサイズ コットンクラブ

Pick Upピックアップ