映画board

柔らかい孤独があなたを包む。村上春樹の小説おすすめ5選

村上春樹の押し付けない孤独感の心地よさ

悩み事をする女性

村上春樹の小説に出てくる登場人物達は、皆何かしら孤独感を抱えています。孤独をテーマにした小説は世の中に溢れていますが、彼の小説には「孤独感の押し付け」がありません。孤独をアピールして自己愛を溢れさせているような人物ではなく、気が付けば彼らの傍には孤独が寄り添っている。自分が孤独だと可哀相がって生きている訳ではない、だからこそ村上春樹の小説に出てくる人物たちは感情が薄く感じるのかもしれません。けれどそこに秘められた孤独は、分かりやすいそれよりも私たちの中にあるものと似ているのです。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

この商品の販売サイトをチェック

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51goGUL9k0L.jpg)

詳しく見る

村上春樹/文藝春秋/全1巻/完結

〇あらすじ
多崎つくるは、大学2年の7月~翌年の1月まで死んだようにただ生きていた。本当は死を選んでしまいたかったが、そうなる切っ掛けがなかっただけ。高校時代地元で仲良くしていた女子2人を含む幼馴染4人から突然「二度と連絡してくるな」「理由は自分の胸に聞け」と一方的に縁を切られる。学生時代から、自分の名前にだけ色がなく、他の4人のような特別な才覚もなく、押し込めていた孤独感が胸からあふれ出してのことだった…

〇おすすめポイント
主人公に自殺願望があり、その理由となった幼馴染との絶縁がとにかく理不尽で理由も分からない。その理由を突き詰めることもしないつくるに、最初はもどかしさを覚えるかもしれません。けれど段々と真相が明らかになるにつれて、煌びやかに見えた幼馴染たちの孤独も感じることになるでしょう。つくるが理不尽に孤独に突き落とされた理由をぜひ、あなたの目で確かめてください。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 続いては様々な人生を切り取った短編集2作

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

青ママ

小学生の娘がいるママ兼WEBライター。アニメもドラマも映画も、面白ければ何でものめ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 ドラマ おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス イラスト ホラー かわいい ラブロマンス

Pick Upピックアップ