映画board

【今回のヴェノムは色々ヤバい】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』最新情報まとめ

今回の敵は“カーネイジ”

 原作コミックにおいてはスパイダーマンの宿敵として絶対的な地位と人気を誇り、かつてのサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズ3作目においてはヴィランとしてスパイダーマンを追い詰めたヴェノム。そんなスーパーヴィランにしてダークヒーローでもあるヴェノムを主人公に、2018年に単独映画化され大ヒットした『ヴェノム』。その続編がいよいよ今年公開される。「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」とは切り離された「SPUMC(ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター)」に属する作品であり、現状スパイダーマンとの因縁や他作品との繋がりを持たないまま展開されているシリーズであるのだが、本作に登場する新キャラクター“カーネイジ”もまた、原作においてはスパイダーマン及びヴェノムと因縁を持つキャラクター。

ヴェノム

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 前作『ヴェノム』のラストにおいて登場したウディ・ハレルソン演じる連続殺人鬼クレタス・キャサディ。彼こそがカーネイジその人であるのだが、原作コミックにおいては、ヴェノムことエディ・ブロックと共に刑務所に収監されており、ヴェノムに変身して脱獄するエディと遭遇した際、彼に寄生しているシンビオートの一部がその身に宿り、カーネイジが誕生した。映画版は原作コミックとは状況が大いに異なるのだが、予告編を目にする限り、エディの腕に噛みついた際にヴェノム(シンビオート)の細胞の一端をその身に取り込み、拘束され死刑が執行されるタイミングにおいてカーネイジへと変貌している様が伺える。

ウディ・ハレルソン演じるクレタス・キャサディ

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 また、原作ではエディ以上にシンビオートとの融合が進んでおり、クレタス自身が連続殺人鬼ということも相まって、ヴェノムを凌ぐ凶暴性と狡猾さを併せ持ち、その名が示す通りの“カーネイジ(大虐殺)”を展開し、その力はスパイダーマンとヴェノムを遥かに凌駕する。本来であれば相容れることのないスパイダーマンとヴェノムが手を組むことでどうにか打倒するも、「SPUMC」の世界に現状スパイダーマンは存在しない。そんなカーネイジとヴェノムがどのような激闘を繰り広げることになるのかが、本作の見どころの一つとなってくる。

カーネイジ

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : シナリオにはトム・ハーディも参加!前作とは体制が大きく異なる『ヴェノム』最新作

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  12枚

Writer info

ミヤザキタケル

1986年、長野県生まれ。 2015年より「映画アドバイザー」として活動を始める。 WOWOW...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい イラスト ホラー ラブロマンス

Pick Upピックアップ