映画board

『ブラック・ウィドウ』強面だけど可愛らしい演技が印象を残す実力派俳優デヴィッド・ハーバーとは?

近年、海外ドラマで活躍した俳優がマーベルやDCの大作映画に出演する傾向が強い。
『アクアマン』(2018)のジェイソン・モモアだってHBOが誇るメガヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で名を馳せた俳優だし、2017年公開のマーベル映画『ドクター・ストレンジ』よりアベンジャーズを支えるヒーローとして加入したベネディクト・カンバーバッチだって、もともとは英国ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』でブレイクを果たした俳優である。
要するに、海外ドラマというのは、ネクストブレイク俳優の宝庫と言える存在なのだ。
そんな海外ドラマ出身俳優から、また一人、マーベル・シネマティック・ユニバースに加わった俳優がいる。
2021年公開の映画『ブラック・ウィドウ』で、ナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウとかつて任務を共にした経験のあるレッド・ガーディアン役に扮しているデヴィッド・ハーバーである。
一体、彼はこれまでにどんなキャリアを辿ってきたのだろうか?

傑作映画の端役を演じ続けたキャリア初期

デヴィッド・ケネス・ハーバーは、1975年4月10日アメリカ・ニューヨークで不動産業を営む両親の間に生まれた。
名門ダートマス大学を卒業後に、ブロードウェイでリバイバル上演された『レインメーカー』でプロの俳優としてデビューを飾った。
同年、ウェイター役として出演した『LAW & ORDER』で映像デビューを果たし、2002年の『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』では子供殺しの犯人役でゲスト出演し、強烈なインパクトを残す。

『007 慰めの報酬』(2008)

https://www.popsugar.com/entertainment/photo-gallery/42002263/image/42002271/Quantum-Solace

その後もトム・クルーズ主演のSF映画『宇宙戦争』(2005)、ヒース・レジャー&ジェイク・ギレンホール共演の『ブロークバック・マウンテン』(2005)、6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグ主演のシリーズ第22作『007 慰めの報酬』(2008)、ラッセル・クロウ&ベン・アフレック共演のクライム・スリラー『消されたヘッドライン』(2009)などの大ヒット映画で端役を演じ、着実にキャリアアップを果たしていくことになる。

(PR)夏休み目前!親子で大満足の恐竜映画『ディノ・キング 恐竜王国と炎の山の冒険』がおすすめ
次のページ : 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』ホッパー役でブレイクした遅咲き俳優

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス マーベル かわいい ホラー

Pick Upピックアップ