映画board

スカッとする映画おすすめ10選!独自目線の痛快な傑作を厳選

狂い咲きサンダーロード

狂い咲きサンダーロード

狂い咲きサンダーロード

1980年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
幻の街サンダーロード。街中の暴走族が集まり、警察の圧力で、「愛される暴走族、になろう」ということで、グループの解散の会議が開かれていた。“魔墓狼死”のリーダー・健もその中にいた。そこへ、“魔墓狼死”の特攻隊長、仁が仲間を連れて現われ、出席者をメッタ打ちにしていった。仁は権力に屈服する暴走族に我慢がならなかったのだ。サンダーロードは仁たちの天下となった。一方、これを心よく思わないグループは報復に出た。この両者の睨み合いの中に“魔墓・狼死”のOBで、今、右翼団体のオルグ、剛が現われた。そして、仁、茂などが剛に引き取られることになった。訓練の毎日が続き、茂はしっかりした右翼青年になり、剛の愛人にもなった。しかし、根っからのハミダシ者の仁は、そんな生活も馴染めず、組織から去っていく。サンダーロードに帰って来た仁を、平和を乱されると、暴走グループが襲いかかった。仁の意識が戻ったとき、片手、片足がなかった。再びオートバイに乗れない体になった仁は、シャブ中毒の悪ガキ小太郎と指名手配中のマッドボンバーのオッサンに出会う。そして、二人の協力で仁は全身武装の殺人マシーンとして蘇る。

出典元:https://eiga-board.com/movies/19153

鬼才・石井聰互が日大の卒業制作として作った伝説の低予算カルトSFアクション。

とにかくかっこいい音楽、独特の編集、チープに見えて妙にリアルなSF描写、主人公の名キャラクター・仁さんを演じた山田辰夫の名演も相まって、何度見ても心地いいテイストの映画になって何度でも見れてしまう。

反骨精神の塊のような映画で、青春の無鉄砲な勢いに満ちており、主人公は破滅的な結末を迎えてしまうのだが、それでも我を通した彼の姿に清々しさを感じてしまう。

トータル・リコール

トータル・リコール(1990)

トータル・リコール(1990)

1990年/アメリカ/113分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
ダグ・クエイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)はいつも同じ火星旅行の夢を見てうなされる。ある日彼は<リコール社>を訪れ、模造記憶による火星旅行をすることにする。選んだプログラムは悪と戦う諜報員、そして夢と同じブルネットの女性と恋に落ちる--。しかし旅行は失敗した。彼は本来火星の支配者コーヘイゲン(ロニー・コックス)の片腕として働くハウザーという名の諜報員で、その記憶を全て消されて地球に送り込まれていたのだが、その消された記憶がリコール・マシーンによって甦り始めてしまったのだ。コーヘイゲンの部下もそのことに気づき、クエイドの悪夢のような逃避行が始まる。家に帰ってみれば、妻のローリー(シャロン・ストーン)は彼を殺そうとする。彼女は実はコーヘイゲンに送り込まれた監視役だったのだ。行き場を失なったクエイドに謎の男からスーツケースが渡され、その中のビデオモニターに映る彼自身が全ての事情を教え、火星に向かい、コーヘイゲンを倒すための極秘情報を取り戻すように告げるのだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/6292

とにかく無敵なアクションスター、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で、天才SF作家フィリップ・K・ディック原作、鬼才ポール・ヴァーホーヴェン監督というタッグで作られたエクストリームなSF映画の傑作。

いつものシュワ無双描写もありつつも、それ以上に設定、世界観の面白さ、悪役たちの極悪さが光る映画になっている。

自分がだれなのか、何が現実なのかわからなくなるような展開、グロテスクでユーモラスな火星のクリーチャー描写、そして完全に追い詰められてからの完璧な反撃とハッピーエンドにいつ見てもスカッとしてしまう。

とはいえ、劇中で起きていることが現実かどうかはわからないバランスになっているのが面白い。

Mr.ノーバディ

Mr.ノーバディ(2020)

Mr.ノーバディ(2020)

2020年/アメリカ/92分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
外見は地味で、目立った特徴もないハッチ・マンセル(ボブ・オデンカーク)は、郊外にある自宅と職場の金型工場を、路線バスで往復する退屈な毎日を送っていた。この世の理不尽なことはすべて受け止め、決して歯向かうことはない。そのため、妻からは距離を取られ、息子からリスペクトされることもない。世間から見れば、どこにでもいる、何者でもない男だった。ある夜、郊外の自宅に2人の強盗が押し入ってくるが、暴力を恐れたハッチは、父親らしく反撃することが出来なかった。この事件をきっかけに、ますます家族の失望を買い、同じ職場の義弟からもいちゃもんをつけられたハッチは、胸の中でふつふつとした怒りを湧き上がらせていく。そんなある日、バスの車内でチンピラと遭遇したハッチは、“ジジイ”呼ばわりされたことで、遂にブチ切れ、大乱闘を繰り広げる。しかしこの事件はその後、ロシアンマフィアへと繋がり、街頭での銃撃戦からカーチェイスへ、派手にエスカレートしていく……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/95233

映画の一大ジャンルの一つである「舐めてた相手が殺人マシンでした」ムービーの最新進化系として存分に楽しめる傑作。

序盤で最小限ながらも的確にうだつの上がらない中年の日常を描いた後に、その平穏の崩壊、それに対して主人公が予想外の実力を発揮するまでを、巧みな編集とハイレベルなアクションでスパッと描いている見事さに惚れ惚れしてしまう。

主人公の過去とか、敵の設定とか、よくよく考えたら不自然な場面も多いのだが、それよりもとにかく気持ちよさ、カッコ良さ優先で作られているのがわかるアガる演出の数々に、内心大拍手。

2021年公開映画の中で、一番スカッとしたいときにおすすめなのは本作だろう。

週間人気記事ランキング (映画board)
次のページ : スカッとする映画②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ ミステリー・サスペンス イラスト ホラー かわいい ラブロマンス

Pick Upピックアップ