映画board
人気

【流星群を求めて1】『横浜流星 1st DVD R』17歳最後の夏の輝きが告げる“流星神話”

■17歳最後の夏、その日を摘み取れ!

(C)2014 TOEI VIDEO

その記録は2014年まで遡る。『烈車戦隊トッキュージャー』(2014〜2015)で戦隊ヒーローを演じ、お茶の間に登場したその夏、彼は17歳だった。今や、数々の映画やドラマ作品に主演を重ね、若手俳優として実力を兼ね備えたその人気ぶりは他に類をみない。そんなキャリア絶頂の横浜流星が俳優人生の華々しいスタートを切り、まだあどけなさが残る17歳最後の夏に沖縄を訪れ、等身大の自分を見つめる様子をカメラが密着し記録したものが本作『横浜流星 1st DVD R』(2014)だ。

「理由のない胸のざわめきが、僕を突き動かす。急がないと、17歳の夏がもうすぐ終わろうとしている」、本作はこんな横浜自身のナレーションから始まる。初めての沖縄で、爽やかな潮風に吹かれながら、自転車を走らせる横浜は、秋の到来とともに年を重ねようとしている自分が、あともう少しの間だけこの最後の青春の狭間で揺らめく。彼は続ける。「僕の名前は横浜流星。でも、僕はまだほんとうの自分が何者なのか知らない」と。直後に彼の眼前には南国の美しい海が開ける。

17歳という年は、子どもと大人とのちょうどそのあわいを生き、危うくもあり、また美しくもある。彼は目の前の海を見ると、いかにもわんぱくな白のタンクトップをその場に脱ぎ捨て、波際に走り出す。燦々と降り注ぐ太陽の下、波と戯れたかと思うと、そのまま背中から水面に倒れる。波打ち際に身体を横たえ、遠く青空を望むその美しい視線は一体何を見つめるのか。「Carpe diem(その日を摘み取れ)」、アウグストゥス帝統治下の古代ローマに生きた詩人ホラーティウスによる詩句がふと頭をかすめる。それは、人生のある一瞬を逃さずにさっと摘み取るようにして大切にしなければならないという詩人の人生観を反映した名句である。波打ち際に立つ横浜は、この言葉通りに、17歳最後の夏の輝きの瞬間を人生の分岐点として記憶(記録)しているかのようだ。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 汗たぎるその輝き

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

バンビーノ(加賀谷健)

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 スパイダーマン:ホームカミング おすすめ映画まとめ アクション アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ミステリー・サスペンス ホラー

Pick Upピックアップ