映画board

すでに懐かしい映画!10年前の2011年に公開されたマーベル映画3作品

『マイティ・ソー』(2011)

https://www.imdb.com/title/tt0800369/mediaviewer/rm3272546304/?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:2011年
製作国:アメリカ
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/ステラン・スカルスガルド/コルム・フィオール/レイ・スティーヴンソン/イドリス・エルバ/カット・デニングス/レネ・ルッソ/アンソニー・ホプキンス/浅野忠信 ほか

無敵の鉄槌ムジョルニアを操るソー(クリス・ヘムズワース)と優れた魔法を操るロキ(トム・ヒドルストン)。
冥界アスガルドには2人の王子がおり、アスガルドの王であるオーディン(アンソニー・ホプキンス)は、太古の昔より、ヨトゥンヘイムの侵略からミッドガルド(=地球)を守るために戦ってきた。
オーディンの実の息子であるソーは、アスガルド王位継承の儀式の最中に、ロキによって謀られ、父オーディンの怒りを買ってしまったことから、ムジョルニアを奪われ、地球へと追放されてしまう。
そこで、美しき女性科学者ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)ら地球の心優しき人々と出会ったソーは、傲慢な心を捨て、雷神ソーとして覚醒。
ロキが送り込んだ刺客と対峙し、地球を守ることを決意するのだった・・・。

予告編・見どころ

迫力ある映像とソーが神としての責任を学んで成長していく物語が相まって、素晴らしい出来栄えのMCU屈指の傑作。
地球に来たソーをコミカルに描いているところも面白く、本作ぐらいからS.H.I.E.L.D.の実態のようなものが顕著になっていきます。
地球とアスガルドの様子が交互に描かれており、その世界観を大いに印象づけます。
主人公ソー役に抜擢されたクリス・ヘムズワースは、本作で大ブレイクしただけあって、とにかくカッコいい!
惚れ惚れとする肉体美と魅力的な演技で、どこか憎めないソーを体現しています。
ロキ役のトム・ヒドルストンは、この頃はキュートさが魅力的。
今や人気英国男子の一人ですが、兄に劣等感を抱く弟らしさを醸し出していて、人気を掴んだきっかけを垣間見ることが出来るでしょう。

(PR)1ヵ月あたり約817円で学び放題!いま、子どもの英語教育なら「Rakuten ABCmouse」がおすすめ|アソビフル
次のページ : 『キャプテン・アメリカ』シリーズ第1作

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ホラー ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ