映画board

2021夏必見のホラー第1弾『フィアー・ストリート Part 1: 1994』は90'sホラーの"再構築"

『フィアー・ストリート Part 1: 1994』(2021)

ここ数年におけるホラー映画の最大のトレンドといえば、「社会派ホラー」だろう。『ゲット・アウト』や『ミッドサマー』など、10年代に新たな風を吹き込んだホラー映画を一括りにする「Elevated horror(洗練されたホラー)」という言葉まで誕生した。(批評家から好まれていない表現ではあるが。)

しかしながら、R・L・スタインの同名小説シリーズを基にした、Netflixの今夏の目玉『フィアー・ストリート 』3部作は、このトレンドには当てはまらない。第1弾『フィアー・ストリート Part 1:1994』を見て感じたのは、70年代後半から90年代にブームとなった「スラッシャー映画」のカムバックだ。子供のころ『スクリーム』など90's ホラーにハマった筆者のような視聴者は、思わず「おかえり!」と言いたくなるほどノスタルジックかつエキサイティングな仕上がりになっている。

『フィアー・ストリート』3部作映画予告編 - Netflix

あらすじ

時は1994年。通称 ‟殺人鬼が集う街” シェイディサイドでは、ショッピングモールで11人が犠牲となる殺人事件が発生。主人公ディーナがニュースを聞き流しながら失恋の傷を癒やす一方で、弟のジョシュはチャットルームで殺人事件と町の呪いの歴史を話題に盛り上がっている。
ある日、ディーナは親友のキャシーやサイモンらと共に、アメフト部の試合のため隣町サニーヴェイルを訪れる。相手校と揉めたディーナたちは帰り道に車で事故を起こし、この事故をきっかけにモールの殺人鬼が再出現。殺しのターゲットになったことに気づいたディーナたちは、どうにか呪いをとこうと行動するが……。

オススメ映画を動画や記事でご紹介!【オススメ映画特集】
次のページ : 名作スラッシャー映画へのオマージュ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

Sam

アメリカ留学から帰国後エンタメ業界に入り、2017年からライター業を開始。 人に話し...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ かわいい スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

Pick Upピックアップ