映画board

【今夜21時放送】DCコミックスが誇る『アクアマン』が描く“二つの世界を繋ぐ”神話世界

■時代を映す「MCU」と人間を描く「DCEU」

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

今や「アメコミ映画」では、それぞれの世界観の中でこれまで生み出され、養われてきたキャラクターたちを集結・競合させる“ユニバース化”の流れが浸透している。「アイアンマン」シリーズや「キャプテン・アメリカ」シリーズなどを擁する「マーベル・シネマティック・ユニバース」(以下、MCU)は、マーベルコミックスのクロスオーバー企画としてシリーズ映画歴代世界興行収入堂々の1位を保持している。対するDCコミックスもスーパーマン、バットマンやワンダーウーマンなどブランドの人気キャラクターたちを同一の世界観に集めた「DCエクステンデッド・ユニバース」(以下、DCEU)で負けじと応戦している。「MCU」と「DCEU」では、いずれもクロスオーバー企画でありながら作品世界としては異なる印象を与える。

一言でいえば、それはテーマ性の違いである。「MCU」シリーズでのヒーローたちの対立図式には、現実世界の状勢が反映されており、政治色を色濃く打ち出している。マーベルコミックスの各ヒーローの単体作品をみても、黒人俳優を起用しスーパーヒーロー映画としては初となるアカデミー賞作品賞ノミネート作となった『ブラックパンサー』(2018)や女性ヒーロー映画としてフェミニズム的な文脈にある『キャプテン・マーベル』(2019)など、その時代の政治性や社会性を感じさせる作品が多く、どこかに暗い影がある。一方の「DCEU」シリーズからは、よりエンタメ志向でより骨太な人間ドラマを描こうとする姿勢を感じる。スーパーヒーロー、ないしは神々が私たちと何ら変わりない感情を持った人間の姿で描かれていて、その劇的なドラマ作品世界を「MCU」のように政治的な図式として還元することは野暮というものだろう。

ギリシアの神話世界に題材を求める「DCEU」の作品世界では、神々たちが天衣無縫に飛び回ったかと思うと、神界から人間界に繰り出したりもし、人間味に溢れた姿が活写される。ギリシアの神々は人間の姿を借り、人間との間に命をもうけることがある。そうして生まれる「半神」の物語は、多くの作品の恰好の題材となるのだが、幻の海底世界を描いた『アクアマン』(2018)は、まさにそうした出自に苦悩する中で自らの宿命を受けいれていく劇的なドラマ展開をみせる。本作で描かれる人間界vs海底国という対立図式には、人間社会による海洋汚染問題などアクチュアルな社会テーマが盛り込まれてはいるものの、それが強い政治色を示すかと言うと、作品自体は極めて爽快の一言に尽きるばかりだ。

(PR)学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室、小学館の幼児教室「ドラキッズ」が秋の入会キャンペーンを実施中|アソビフル
次のページ : 伝説の海底都市「アトランティス」の物語

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

バンビーノ(加賀谷健)

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ホラー ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ