映画board

【どう楽しむ!?】アメコミファン大興奮のDC展に潜入!! 最速日本初展示スーサイド・スクワッド衣装も!

ついに東京上陸を果たしたDC展。ファンを出迎えるのは六本木ヒルズ52階から見える東京の景色を背景に存在感を放つバットモービル「タンブラー」の実物大レプリカ。こちらは東京コミコンからの初出展。そのまわりには、映画公開が控え、今後注目も人気も急上昇まちがいなしのキャラクターポスターが。2022年公開予定の映画『ザ・バットマン』でゾーイ・クラヴィッツが演じる予定のキャットウーマン、今夏8月13日(金)公開予定の映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で暴れまくってくれるだろうと熱い期待が寄せられるハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)とキング・シャーク(声:シルヴェスター・スタローン)たちがバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンといった代表的ヒーローと共にテンションを高める。

貴重な初期のコミックや設定資料、映画の衣装、小道具など400点以上が展示されている本イベント。アメコミファンと一口に言っても、コミック、映画、TVシリーズ、キャラクターなどその楽しみ方は十人十色だと思うが、その分だけ本イベントの楽しみ方もあるといえる。
もちろん見て回るだけでも見応え満点なのだが、120%楽しみために欠かせないのが音声ガイド。今回はすべてのチケットに音声ガイド (日・英 )がついており、日本語版の声は、DCTVシリーズ「 ARROW/アロー 」 の主人公オリバー・クイーンで知られる日野聡さんが担当。イヤホンを持参して、日野さんの声と共にDCの世界に浸ってほしい。

さて始まりはスーパーマンエリアから。スーパーマンのアイコニックなシーンが誕生した瞬間やクリプトナイトの展示などが見られる。そして目を引くのが歴代スーパーマンのコスチューム。1978年からスーパーマンことクラーク・ケントを演じたクリストファー・リーヴの衣装に始まり、2016年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でヘンリー・カヴィルが身に着けた衣装まで。実写スーパーマンの歴史を物語る貴重なコスチュームを間近で見ることができる。『ジャスティス・リーグ: ザック・スナイダーカット』をご覧になった方の中には気になっている方もいるかもしれない、ザック・スナイダー監督がSのマークに混ぜたというクリプトン語のメッセージも、その目で見られるかも…!?

『空白』古田新太・寺島しのぶインタビュー「登場人物全員が何かしらの空白を埋めたいと思って生きている」
次のページ : バットマンエリア!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

KanaKo

映画・海外ドラマライター 時にインタビューや記者会見といったイベントの取材も...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 アクション スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ホラー ドラマ かわいい

Pick Upピックアップ