映画board

ばるぼら のレビュー

REVIEW

この作品を観たことがあるなら、レビューしてみませんか?

レビュー

rodemuberu0729

2020/11/26 12:05

大人の綺麗なスルメ映画かなぁ

すごく綺麗で退廃的な映画でした。音楽も素敵で、あんな映画はなかなか見たことない。 でもやや難しい作品です。しっかり見て、細部も見落としなければ、素晴らしい映画になるだろうし、読み込めなかったり気づかないとえ〜なんでって終わり方になると思う。 私も三回見た。 そして、最後に見つけて、終わりの結末を理解した。 20年以上前に漫画読んだ時は分かりにくく、しんどい作品だったけど、私が成長してこの作品の楽しさを感じることができて嬉しいです。 今からもう一度見に行ってきます。 何度も楽しめるから、嬉しいです

ちーちゃん

2020/11/23 02:48

大人の御伽噺のような映画でした

手塚治虫先生が70年代に書いた漫画を実子である手塚眞氏が監督した「ばるぼら」。眞氏の好きな映像を知っているし、治虫先生のダークな部分を全面に出した漫画は人間の汚い部分をあぶりだす。これが果たして大衆娯楽として成立するのだろうか、という疑問を見事に払拭していました。確かに万民受けする映画ではないけれど、新宿でありながら新宿ではないような、現代でありながら現代ではないような美しい映像は「あれは、幻だったのだろうかー」のコピーの通り、見終わってもつかみどころのない感覚が頭を支配し、不思議と嫌悪感を抱くこともなくむしろ美しい芸術作品を見終わった後のような満足感を得ました。この映画の最も幸運だったところはキャストに恵まれた事でしょう。二階堂ふみさんは朝ドラでの「音ちゃん」と同一人物とは思えない程つかみどころのない「ばるぼら」を演じ切っていました。また、稲垣吾郎さんは漫画の美倉先生とは体格が全然違いますが、人気作家であるときのすかした表情と全てを失い朽ちていく表情が見事で、美倉先生は稲垣吾郎以外には考えられませんでした。丁度コロナ禍で何が正解で何が正義なのかわからないこの時代に、この映画は観賞している大人達に御伽噺のように白昼夢とその先にある残酷さを見せてくれるのではないでしょうか。

えいこ

2020/11/20 08:33

ばるぼら

東京国際映画祭で鑑賞してから1年たってやっと公開。1度だけでは消化出来なかったので公開が待ち遠しかったです。 これからじっくり耽美で美しい映像を楽しみたいと思います。

Reviewこの作品のレビュー

rodemuberu0729

2020/11/26 12:05

大人の綺麗なスルメ映画かなぁ

5

ちーちゃん

2020/11/23 02:48

大人の御伽噺のような映画でした

5

えいこ

2020/11/20 08:33

ばるぼら

4

もっと見る
ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2021/6/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション アメコミ ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ マーベル かわいい

Pick Upピックアップ