映画board

ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ

ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ

SCORE

集計中...

Rating--/--Reviews--

2012年12月8日より全国にて公開

2012年/日本/91分

「観たい、観たよ、お気に入り」ボタンについて

REVIEW

この作品を観たことがあるなら、レビューしてみませんか?

あらすじ

絵本作家でエッセイストの佐野洋子はガンを患い、余命宣告を受けた。監督の小谷忠典は、顔を映さないという条件で、彼女の最期の日々を記録することを認められる。佐野が1977年に発表した『100万回生きたねこ』は、100万回死んで100万回生まれかわった“ねこ”の数奇な運命を描いた絵本。世代を超えて読み継がれ、つねに新しい読者を生みつづけ、2012年に刊行35周年を...

絵本作家でエッセイストの佐野洋子はガンを患い、余命宣告を受けた。監督の小谷忠典は、顔を映さないという条件で、彼女の最期の日々を記録することを認められる。佐野が1977年に発表した『100万回生きたねこ』は、100万回死んで100万回生まれかわった“ねこ”の数奇な運命を描いた絵本。世代を超えて読み継がれ、つねに新しい読者を生みつづけ、2012年に刊行35周年を迎える。愛と孤独についての佐野の深い洞察は、それを読む人たちの人生に深く染み込んでいた。絵本を幼い子供たちに読み聞かせる母親。絵本と自分たちの秘密を重ね合わせる女性たち。彼女たちは、癒しがたい疎外感について、抑えがたい欲望について、あるいは母との確執について、そして自身の幸福について、静かに語ってくれた。佐野も自らの生い立ちと『100万回生きたねこ』の誕生にまつわるエピソードを披露。映画は一冊の絵本で繋がった作者と読者を見つめ続ける。そして、撮影中の2010年11月。佐野洋子、永眠。享年72。葬儀を見届けたカメラは、女優・渡辺真起子とともに、佐野が生前、“やっぱり私のふるさとどこですかって言ったら、北京だと思うのよね”と語ってくれた思い出の地、北京へ旅立つ。それは、1冊の絵本を巡って、世界に横たわる生と死、愛と孤独を描き出そうとする冒険の始まりだった。しかし、北京も今や都市は高層ビルが立ち並び、昔の面影はない。取り壊された民家の跡に渡辺は佇む。街には重機の音が響き、崩されていく古い壁の向こうには、高層住宅が立ち並んでいるのが見える。佐野の故郷の街は、少しずつ形を失っていくようだった。その一方、日本では9歳の少女が、母親のお腹の中にいる赤ちゃんが生まれたら、絵本をたくさん読んで聞かせることを、母親と約束していた。

もっと見る たたむ

スタッフ

もっと見る たたむ

boardレビュー・Twitterでの反応

投稿がありません。

投稿がありません。

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Ranking動員数ランキング

2020/2/25 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー ランキング 編集部選(おすすめ映画特集) インタビュー 最強のふたり インセプション アバウト・タイム 愛おしい時間について メメント

Pick Upピックアップ